生見愛瑠:Snow Man岩本照と本物の消防士間違える 「モエカレはオレンジ色」大阪舞台あいさつ

映画「モエカレはオレンジ色」大阪舞台あいさつに出席した生見愛瑠さん
1 / 4
映画「モエカレはオレンジ色」大阪舞台あいさつに出席した生見愛瑠さん

 人気グループ「Snow Man」の岩本照さんと、人気モデルの“めるる”こと生見愛瑠さんが7月1日、大阪市内で開催された、映画「モエカレはオレンジ色」(村上正典監督、7月8日公開)の舞台あいさつに出席。本作のヒロインを演じた生見さんは、消防士の主人公を演じた岩本さんと間違えて、本物の消防士に話しかけてしまったことを暴露され、苦笑いを浮かべていた。

 映画は、マンガ誌「デザート」(講談社)で連載中の玉島ノンさんの同名マンガが原作。超シャイで真面目な消防士の蛯原恭介(岩本さん)と、独りぼっちの女子高生・佐々木萌衣(生見さん)の不器用な恋模様を描く。

 劇中では、岩本さんから救助されるシーンもあるといい、生見さんは「消防士さんに助けられているという感覚がすごくて、途中から消防士さんだと思っていました」と振り返っていた。すると岩本さんは「(生見さんが)『蛯原さん~!』って言っていたんですけれど、本当の消防士さんの方で(笑い)。俺は全然関係ないところで作業していたんです」と明かし、生見さんは苦笑いを浮かべていた。

 岩本さんは役作りのため、消防士の訓練などを見学したといい、「7メートルぐらいのロープを上らせてもらいました」と語っていた。

写真を見る全 4 枚

映画 最新記事