皆口裕子:「ドラゴンボール」パン役 「私の中に悟空おじいちゃんがいる」

「ドラゴンボール超 スーパーヒーロー」の舞台あいさつに登場した皆口裕子さん
1 / 1
「ドラゴンボール超 スーパーヒーロー」の舞台あいさつに登場した皆口裕子さん

 鳥山明さんのマンガが原作の人気アニメ「ドラゴンボール」の21作目となる劇場版アニメ「ドラゴンボール超(スーパー) スーパーヒーロー」の舞台あいさつが7月9日、新宿バルト9(東京都新宿区)で開催され、孫悟空、悟飯、悟天役の野沢雅子さん、ピッコロ役の古川登志夫さん、ビーデル、パン役の皆口裕子さんが登場した。劇場版では、悟空の孫のパンの活躍も話題になっており、皆口さんは「3歳のパンちゃんを演じていると、私の中に悟空おじいちゃんがいるんですよ。マコさん(野沢さん)が入っている。(悟空の)イントネーションをまねしているわけではないのですが、そうなる時があって、不思議ですね。隔世遺伝じゃないけど、刷り込まれているんだと思います」と語った。

 「ドラゴンボール超 スーパーヒーロー」は、2018年12月公開の第20作「ドラゴンボール超 ブロリー」以来となる劇場版。原作者の鳥山さんが脚本、キャラクターデザインを担当した。前作「ドラゴンボール超 ブロリー」で3Dパートを手がけた児玉徹郎さんが監督を務める。かつて、孫悟空によって壊滅した悪の組織のレッドリボン軍の意志を継いだ者たちが、新たに最強の人造人間・ガンマ1号、2号を生みだし、ピッコロ、孫悟飯らを襲う……という展開。

 6月11日に公開され、興行収入が19億円、観客動員数が140万人を突破するなどヒットしている。

アニメ 最新記事

MAiDiGiTV 動画