福本莉子:トンビにサンドイッチさらわれた! 道枝駿佑は“半目”に W主演映画の撮影エピソード明かす

映画「今夜、世界からこの恋が消えても」大阪初日舞台あいさつに出席した福本莉子さん
1 / 4
映画「今夜、世界からこの恋が消えても」大阪初日舞台あいさつに出席した福本莉子さん

 人気グループ「なにわ男子」の道枝駿佑さんと女優の福本莉子さんが7月29日、TOHOシネマズ梅田(大阪市北区)で開催された、ダブル主演映画「今夜、世界からこの恋が消えても」(三木孝浩監督)の初日舞台あいさつに登場した。福本さんは今作の撮影中、トンビにサンドイッチをさらわれたというエピソードを明かした。

 撮影中に印象に残っている出来事を聞かれた福本さんは、「大事件がありました」と切り出し、「初めてのデートシーンで、ピクニック中にサンドイッチを食べていたら、横を向いたときに殴られたような衝撃があって、サンドイッチがなくなったんです。それがトンビの仕業で、サンドイッチをさらっていったんです。その一部始終をカメラが収めていて、見たらきれいに持っていかれました」と語った。

 同じ質問に、道枝さんは「僕がウトウトしているシーンがあって、お芝居でウトウトしていたのに、監督から『半目だね』って言われました。僕、寝ると半目になるんですけど、お芝居でも半目になると判明して、すごく恥ずかしかったです」と明かし、観客を沸かせた。

 映画は、2019年に「電撃小説大賞」を受賞した一条岬さんの同名小説(メディアワークス文庫)が原作。眠りにつくとその日の記憶を失ってしまう難病・前向性健忘を患ったヒロインと、彼女を献身的に支えながらも、自らも大きな秘密を隠し持つ主人公のはかなくも切ないラブストーリー。

写真を見る全 4 枚

映画 最新記事

MAiDiGiTV 動画