注目ドラマ紹介:「個人差あります」 夏菜、新川優愛、白洲迅のトリプル主演 「異性化」した夫と妻の物語

連続ドラマ「個人差あります」第1話の一場面=東海テレビ提供
1 / 3
連続ドラマ「個人差あります」第1話の一場面=東海テレビ提供

 夏菜さん、新川優愛さん、白洲迅さんトリプル主演の連続ドラマ「個人差あります」(東海テレビ・フジテレビ系、土曜午後11時40分)が8月6日に始まる。原作は日暮キノコさんのマンガ「個人差あり〼(ます)」(講談社)。夫が「異性化」した夫婦の物語を全8話で描く。瀕死状態になったのを機に女性になったサラリーマン、磯森晶を夏菜さん、「異性化」する前の晶を白洲さん、晶の妻・磯森苑子を新川さんが演じる。

 磯森晶は小説家の妻苑子と、どこか冷めた夫婦生活を送っていた。

 ある日、晶が女性になる。身体的性別が変わる「異性化」だった。晶は「異性化証明書」をもらい社会復帰するが、初めて男性を意識するという感情も芽生える。どんどん女性になっていく晶に戸惑いながら、苑子は夫婦を続ける。

 第1話は……100円ショップ「リモナ」の商品企画部で働く磯森晶(白洲さん)は、小説家の妻苑子(新川さん)と2人暮らし。ある夜、晶は脳出血で意識不明となり、救急車で病院へ運ばれる。

 晶は手術を受けて意識を回復。しかし、苑子の前に現れたのは、女性の姿の晶(夏菜さん)。瀕死状態から蘇生した際に「異性化」で女性になってしまったのだった。

 ※異性化……身体の性別が変わること。原因は不明。

写真を見る全 3 枚

テレビ 最新記事