仮面ライダーギーツ:仮面ライダーナーゴ役に“ゆなたこ”星乃夢奈 小学生からYouTuberとして活動 Popteenモデルの17歳 

9月4日にスタートする「仮面ライダーギーツ」で仮面ライダーナーゴ/鞍馬祢音を演じる星乃夢奈さん(C)2022 石森プロ・テレビ朝日・ADK EM・東映
1 / 6
9月4日にスタートする「仮面ライダーギーツ」で仮面ライダーナーゴ/鞍馬祢音を演じる星乃夢奈さん(C)2022 石森プロ・テレビ朝日・ADK EM・東映

 特撮ドラマ「仮面ライダー」シリーズの新作「仮面ライダーギーツ」(テレビ朝日系、日曜午前9時)の制作発表会見が8月7日、東映の公式YouTubeチャンネル「東映特撮YouTube Official」ほかで配信され、仮面ライダーナーゴ/鞍馬祢音(くらま・ねおん)を星乃夢奈(ほしの・ゆな)さんが演じることが発表された。

 星乃さんは2004年11月7日生まれの17歳。小学生の頃からYouTuberとして活動しており、「ゆなたこ」の愛称で知られ、女性ファッション誌「Popteen(ポップティーン)」(角川春樹事務所)の専属モデルも務めている。YouTuber事務所の「VAZ(バズ)」所属。

 演じる祢音はセレブインフルエンサーで、黒猫がモチーフの仮面ライダーナーゴに変身する。財力と美貌を備えているが、それらを捨てて一般人になりたいという、奇妙な夢を持っている。

 星乃さんは祢音について、「祢音ちゃんは、元気で明るい性格。スゴイ数のフォロワーを抱えるインフルエンサーで、お金持ちの家庭で大事に育てられたのに一般人になりたいと願い、家出をしたいという変わった夢を持っている女の子です」と紹介。「やると決めたら、とことんやるけど、どこかお嬢様感が出てしまうなど第1話からキャラクターが全開なので、ぜひ見ていただけたらと思います!」とアピールした。

 ナーゴのビジュアルについては、「猫がモチーフなのですが、セレブ感のあらわれなのか、全体的にゴールドで変身後もちゃんと祢音ちゃんらしさが受け継がれているところがお気に入りだし、可愛いなと思っています!」と声を弾ませると、「みんなでステキな作品を力を合わせながら作っていきますので、一年間よろしくお願いします!」と意気込んだ。

 「仮面ライダーギーツ」は「生き残りゲーム」がテーマ。仮面ライダーギーツ/浮世英寿(うきよ・えーす、簡秀吉さん)ら多数の仮面ライダーたちが街の平和を守るためのゲーム「デザイアグランプリ」で競い合う姿を描く。仮面ライダータイクーン/桜井景和(さくらい・けいわ)を佐藤瑠雅(りゅうが)さん、仮面ライダーバッファ/吾妻道長(あづま・みちなが)を杢代和人(もくだい・かずと)さん、「デザイアグランプリ」のナビゲーター・ツムリを青島心(あおしま・こころ)さん、コンシェルジュ・ギロリを忍成修吾さんがそれぞれ演じる。

 脚本を「仮面ライダーエグゼイド」(2016~17年)、「仮面ライダーゼロワン」(2019~20年)などを手掛けてきた高橋悠也さんが担当。9月4日からテレビ朝日系で、毎週日曜午前9時に放送される。

写真を見る全 6 枚

アニメ 最新記事

MAiDiGiTV 動画