映画興行成績:「ONE PIECE FILM RED」V2 「TANG」は6位発進

劇場版アニメ「ONE PIECE FILM RED」のビジュアル(C)尾田栄一郎/2022「ワンピース」製作委員会
1 / 1
劇場版アニメ「ONE PIECE FILM RED」のビジュアル(C)尾田栄一郎/2022「ワンピース」製作委員会

 8月15日に発表された8月13、14日の映画観客動員ランキング(興行通信社調べ)によると、尾田栄一郎さんの人気マンガ「ONE PIECE(ワンピース)」の新作劇場版アニメ「ONE PIECE FILM RED」(谷口悟朗監督)が2週連続で首位を獲得した。土日2日間で約103万人を動員し、興行収入は約14億9700万円を記録。累計では、動員が462万人、興行収入が64億7400万円を突破した。

 初登場作品では、二宮和也さん主演の「TANG タング」(三木孝浩監督)が6位にランクイン。アニメ「ポケットモンスター」の25周年企画「夏の思い出、ゲットだぜ!25周年ポケモン映画祭」の一環で上映された「劇場版ポケットモンスター 水の都の護神 ラティアスとラティオス」(湯山邦彦監督)が7位、人気アニメ「パウ・パトロール」の劇場版「パウ・パトロール 大空のミッション・パウ ロイヤルストーンをとりもどせ!」(チャールズ・E・バスティアン監督)が9位スタートを切った。

 累計成績では、前週に続き2位の「ジュラシック・ワールド/新たなる支配者」(コリン・トレボロウ監督)が動員約269万人、興行収入約40億3600万円、3位の劇場版アニメ「ミニオンズ フィーバー」(カイル・バルダ監督)が動員約278万人、興行収入約33億7800万円を記録。4位の「キングダム2 遥(はる)かなる大地へ」(佐藤信介監督)が動員284万人、興行収入40億円、5位の「トップガン マーヴェリック」(ジョセフ・コシンスキー監督)が動員693万人、興行収入109億円にそれぞれ達している。

 1位 ONE PIECE FILM RED
 2位 ジュラシック・ワールド/新たなる支配者
 3位 ミニオンズ フィーバー
 4位 キングダム2 遥かなる大地へ
 5位 トップガン マーヴェリック
 6位 TANG タング
 7位 劇場版ポケットモンスター 水の都の護神 ラティアスとラティオス
 8位 今夜、世界からこの恋が消えても
 9位 パウ・パトロール 大空のミッション・パウ ロイヤルストーンをとりもどせ!
 10位 ゴーストブック おばけずかん

アニメ 最新記事