鎌倉殿の13人:「ばばさまはどうなった」「生きててほしい」 比企尼に“故人マーク”付かず 一幡様も

大河ドラマ「鎌倉殿の13人」で草笛光子さん演じる比企尼 (C)NHK
1 / 1
大河ドラマ「鎌倉殿の13人」で草笛光子さん演じる比企尼 (C)NHK

 俳優の小栗旬さんが主演を務めるNHK大河ドラマ「鎌倉殿の13人」(総合、日曜午後8時ほか)第31回「諦めの悪い男」が8月14日に放送され、比企能員(佐藤二朗さん)の最期と比企一族の滅亡が描かれた。一方、ドラマの公式ホームページの登場人物紹介では、比企尼(草笛光子さん)に「故人マーク」が付かず、「比企尼のばばさまはどうなったろう」「生きてる!? 生きててほしい」といった声が視聴者から上がっている。

 第31回では、源頼家(金子大地さん)の後継者をめぐり、激しさを増す北条と比企の争い。義時(小栗さん)は鎌倉殿の役目を、能員の娘・せつ(山谷花純さん)が生んだ頼家の長男・一幡と、頼朝(大泉洋さん)と政子(小池栄子さん)の次男・千幡とで二つに分けるよう提案するが、能員は「鎌倉殿は一幡様ただお一人」と一蹴。義時も「これで大義名分が立った。比企を滅ぼす」と決意を固める。

 時政(坂東彌十郎さん)は最後にもう一度、義時の案を受け入れるか否か、能員と話し合うが、交渉は決裂。そこで北条側は、「頼家の後継者は一幡」という能員の考えに従う姿勢を見せ、和議を申し入れると、能員は“ほぼ丸腰”で一人北条館へとやってくる。

 そこで待っていたのは鎧(よろい)姿の時政たち。味方に引き入れたはずの三浦義村(山本耕史さん)にも裏切られ、逃げ場を失った能員は、その場で討ち取られてしまう。間もなく北条の軍勢が比企館を取り囲む。そこで能員の妻・道(堀内敬子さん)は比企尼(草笛光子さん)を逃がし、せつにも一幡を連れ、生き延びるよう言い含めるが、道は最期を迎え、せつもトウ(山本千尋さん)の手にかかり……。

 同回の放送後から比企尼(と一幡)の安否を気遣う声は多く、SNSでは「草笛光子さんの比企尼、まだ見られる(期待)」「比企一族の面々がもれなく故人になってる中、比企尼だけは生き残っていてくれていたようで少し安心」「一幡様もまだ故人マークついてないね」「生き残っていてほしいな」といった感想や意見が書き込まれた。

テレビ 最新記事