ONE PIECE FILM RED:“ウタ”Ado×澤野弘之 劇中歌「Tot Musica」MV公開 「うっせぇわ」のWOOMAがMV制作

「ONE PIECE FILM RED」の劇中歌「Tot Musica」のミュージックビデオの一場面(C)尾田栄一郎/2022「ワンピース」製作委員会
1 / 3
「ONE PIECE FILM RED」の劇中歌「Tot Musica」のミュージックビデオの一場面(C)尾田栄一郎/2022「ワンピース」製作委員会

 尾田栄一郎さんの人気マンガ「ONE PIECE(ワンピース)」の新作劇場版アニメ「ONE PIECE FILM RED」(谷口悟朗監督)で、歌姫・ウタが劇中で歌う楽曲「Tot Musica(トットムジカ)」のミュージックビデオ(MV)のフルバージョンが、YouTubeで公開された。ウタは、歌手のAdoさんが歌唱を担当しており、「Tot Musica」は、「機動戦士ガンダムUC」「進撃の巨人」などの音楽を手がける作曲家の澤野弘之さんが楽曲を提供した。MVは、Adoさんのヒット曲「うっせぇわ」のMVを手がけたイラストレーターのWOOMAさんが制作し、怪しくも神秘的な楽曲の世界観を表現している。

 澤野さんは「いつか『ONE PIECE』に関わることができたらと思っていたので、参加できてうれしいです。戦闘にも関わってくるシーンで流れる楽曲なので、アグレッシブに動きながらもダークさや神秘的な雰囲気、怪しさを表現できればと思って制作しました。Adoさんの持つ特有の勢いや熱量、とがったエッジのきいた歌声がのることで、勢いや迫力、世界観も広げてもらえたなと思います。歌声を聞いてよりしびれましたし、今回ご一緒できてよかったと思いました。Adoさんの歌声によって自分の思う以上のサウンドにすることができたので、楽曲も含めて作品を楽しんでいただけたらうれしいです」とコメントを寄せている。

 劇場版では、主題歌「新時代」を含め全7曲の劇中楽曲が流れる。音楽プロデューサーの中田ヤスタカさんが「新時代」を手がけるほか、バンド「Mrs. GREEN APPLE(ミセスグリーンアップル)」、音楽ユニット「FAKE TYPE.」、シンガー・ソングライターの折坂悠太さん、秦基博さん、Vaundyさんといった豪華アーティストが参加する。

 劇場版では、世界中が熱狂する歌姫・ウタがライブで初めて公の前に姿を現すことになる。素性を隠したまま発信するウタの歌声は“別次元”と評されるほどで、歌声を楽しみにしているルフィ率いる麦わらの一味、海賊、海軍と世界中のファンが会場を埋め尽くす。そんな中、ウタがシャンクスの娘であると発覚する。

 「コードギアス」シリーズなどの谷口さんが監督を務める。1998年に開催されたイベント「ジャンプ・スーパー・アニメツアー’98」で上映された「ONE PIECE」の初のアニメ「ONE PIECE 倒せ!海賊ギャンザック」で監督デビューした谷口監督が、約24年ぶりに「ONE PIECE」の監督を務めたことも話題になっている。

写真を見る全 3 枚

アニメ 最新記事