ONE PIECE FILM RED:“ルフィ”田中真弓が伝説の初登場シーン再現 名ぜりふに山田裕貴、霜降り明星大興奮

「ONE PIECE FILM RED」の公開記念舞台あいさつにサプライズで登場した田中真弓さん
1 / 13
「ONE PIECE FILM RED」の公開記念舞台あいさつにサプライズで登場した田中真弓さん

 尾田栄一郎さんの人気マンガ「ONE PIECE(ワンピース)」の新作劇場版アニメ「ONE PIECE FILM RED」(谷口悟朗監督)の公開記念舞台あいさつ「クラゲ海賊団の宴(うたげ)」が8月18日、丸の内TOEI(東京都中央区)で行われた。劇場版のオリジナルキャラクターのクラゲ海賊団の声優を務めた俳優の山田裕貴さん、お笑いコンビ「霜降り明星」の粗品さん、せいやさんの3人が登壇するイベントだったが、ルフィ役の田中真弓さんがサプライズで登場した。

 イベントでは、「ONE PIECE」ファンを公言する山田さんらが劇場版の魅力を熱弁。終盤、劇場版の大ヒットを祝し、大きな樽(たる)の前で乾杯しようとしたところ、田中さんが樽の中からサプライズで登場した。田中さんが、テレビアニメ第1話で、ルフィが樽から飛び出す初登場シーンを再現した。

 髪を赤く染めた田中さんは「赤い髪にしたけど『おっす、おら悟空』……とは言いません。海賊王に俺はなる!」とあいさつした。山田さん、霜降り明星の二人は、田中さんの登場を知らされていなかったといい、驚いた様子で、山田さんは「泣いちゃう」と感動したようだった。

 田中さんは、山田さん、せいやさんがリクエストしたルフィの名ぜりふ「支配なんかしねェよ この海で一番自由な奴(やつ)が海賊王だ!!!」「わりい おれ死んだ」を披露。さらに、田中さんは、各所で劇場版の宣伝活動をしている山田さん、霜降り明星に対し、「本当にありがたいので、仲間にしたい。船に乗せたい」といい、「裕貴! せいや! 粗品! お前たちは俺の仲間だ!」と宣言すると、山田さんは「うわー!」と雄たけびを上げて大喜びしていた。

 劇場版は、世界中が熱狂する歌姫・ウタがライブで初めて公の前に姿を現すことになる。素性を隠したまま発信するウタの歌声は“別次元”と評されるほどで、歌声を楽しみにしているルフィ率いる麦わらの一味、海賊、海軍と世界中のファンが会場を埋め尽くす。そんな中、ウタがシャンクスの娘であると発覚する。

 「コードギアス」シリーズなどの谷口さんが監督を務めた。1998年に開催されたイベント「ジャンプ・スーパー・アニメツアー’98」で上映された「ONE PIECE」の初のアニメ「ONE PIECE 倒せ!海賊ギャンザック」で監督デビューした谷口監督が、約24年ぶりに「ONE PIECE」の監督を務めたことも話題になっている。

 同作は、8月6日に公開され、2日間で興行収入が22億5000万円、観客動員数が157万人を突破。2022年に公開された作品の初週土日2日間の動員数、興行収入で1位の記録となった。15日には、公開10日間で興行収入が70億円を突破し、最終興行収入約68億7000万円を記録した「ONE PIECE FILM Z」(2012年)を超え、シリーズ最高記録を更新したことも話題になっている。18日には、興行収入が80億円、観客動員数が570万人を突破した。

写真を見る全 13 枚

アニメ 最新記事