仮面ライダーギーツ:第1話「黎明F:ライダーへの招待状」 “就活生”桜井景和&“インフルエンサー”鞍馬祢音のピンチ 謎の男・浮世英寿現る!

「仮面ライダーギーツ」の第1話「黎明F:ライダーへの招待状」の一場面(C)2022 石森プロ・テレビ朝日・ADK EM・東映
1 / 5
「仮面ライダーギーツ」の第1話「黎明F:ライダーへの招待状」の一場面(C)2022 石森プロ・テレビ朝日・ADK EM・東映

 特撮ドラマ「仮面ライダー」シリーズの新作「仮面ライダーギーツ」(テレビ朝日系、日曜午前9時)の第1話「黎明F:ライダーへの招待状」が9月4日に放送される。

 就活生の桜井景和(さくらい・けいわ、佐藤瑠雅さん)は面接に失敗し続けていた。景和の姉・沙羅(志田音々さん)は弟を励まそうと大好物・たぬきソバをごちそうする。しかし、沙羅が、大好きなセレブインフルエンサーの鞍馬祢音(くらま・ねおん、星乃夢奈さん)のライブ配信に夢中になっていると、景和と沙羅を分断する謎の透明な壁が出現する。

 壁で区切られたエリアには、ジャマトと呼ばれる怪物が現れ、運悪くエリア内にいた景和や他の人々に襲いかかる。また、偶然近くで配信中だった祢音も被害に遭い、景和と祢音は逃げ惑う。

 そんな2人の前に、謎の男・浮世英寿(うきよ・えーす、簡秀吉さん)が現れる。英寿は、景和の制止も聞かずジャマトたちに近づくと……。

 「仮面ライダーギーツ」は「生き残りゲーム」がテーマ。多数の仮面ライダーが街の平和を守るゲーム「デザイアグランプリ」で競い合う姿を描く。脚本を、「仮面ライダーエグゼイド」(2016~17年)、「仮面ライダーゼロワン」(2019~20年)などを手掛けてきた高橋悠也さんが担当する。

写真を見る全 5 枚

アニメ 最新記事