花江夏樹:「プリキュア」出演に歓喜 2歳になる娘に「パパを好きになってほしい」

「映画デリシャスパーティ プリキュア 夢みる お子さまランチ!」の舞台あいさつに登場した花江夏樹さん
1 / 3
「映画デリシャスパーティ プリキュア 夢みる お子さまランチ!」の舞台あいさつに登場した花江夏樹さん

 人気アニメ「プリキュア」シリーズの第19弾「デリシャスパーティ プリキュア(デパプリ)」の劇場版アニメ「映画デリシャスパーティ プリキュア 夢みる お子さまランチ!」(座古明史監督、9月23日公開)の完成披露舞台あいさつが9月15日、丸の内TOEI(東京都中央区)で開催され、声優の花江夏樹さんが登場した。劇場版の舞台となるドリーミアの園長・ケットシーを演じる花江さんは「今月、娘が2歳になるんです。どうにかして、パパを好きになってほしい。『プリキュア』に出るしかないな!と思っていた時、オファーをいただき、うれしかったです。初代(ふたりはプリキュア)を見ていたので、声優としてもうれしいです」と出演を喜んだ。

 自身が演じるケットシーについて「映画のゲストキャラクターなので、悪い役なんじゃないかな?と思っていたけど、可愛い見た目でした。一安心したら、おお……という」と語った。

 舞台あいさつには、和実(なごみ)ゆい/キュアプレシャス役の菱川花菜さん、芙羽(ふわ)ここね/キュアスパイシー役の清水理沙さん、華満(はなみち)らん/キュアヤムヤム役の井口裕香さん、菓彩あまね/キュアフィナーレ役の茅野愛衣さんに加え、劇場版のゲスト声優のお笑いコンビ「和牛」が登壇した。

 劇場版は、おむすびのタワーや、パンの観覧車、ラーメンのコースターなど食べ物をモチーフにしたアトラクションがあり、食べ放題、遊び放題のドリーミアで異変が起きる……というストーリー。「HUGっと!プリキュア」「フレッシュプリキュア!」などの座古さんが監督を務め、田中仁さんが脚本を担当する。同時上映は「わたしだけのお子さまランチ」。

 「デリシャスパーティ プリキュア」のモチーフは「ごはん」で、テーマは「ありがとうの気持ち」「シェアする喜び」、キーワードは「ごはんは笑顔」。世界中のおいしい料理が集うステキな街・おいしーなタウンを舞台に、プリキュアがみんなの“おいしい笑顔”を守るために活躍する姿を描く。ABCテレビ・テレビ朝日系で毎週日曜午前8時半に放送。

写真を見る全 3 枚

アニメ 最新記事