速水もこみち:「朝顔」新作SPドラマで刑事役 上野樹里と対立「どう関わっていくのか楽しみにして」

スペシャルドラマ「監察医 朝顔2022スペシャル」に出演する速水もこみちさん(C)フジテレビ
1 / 1
スペシャルドラマ「監察医 朝顔2022スペシャル」に出演する速水もこみちさん(C)フジテレビ

 俳優の速水もこみちさんが、女優の上野樹里さんが主演を務めるスペシャルドラマ「監察医 朝顔2022スペシャル」(フジテレビ系)に出演することが9月18日、明らかになった。速水さんは野毛山署に異動してきたばかりの交通事故捜査係の刑事・鈴井を演じる。

 野毛山署は、主人公の法医学者・万木朝顔(上野さん)が勤務する興雲大学法医学教室と仕事をすることが多い。鈴井は冷静沈着で優秀だが、歯に衣(きぬ)着せぬ物言いや合理的な捜査で周囲に緊張感を与えることもある。

 劇中では、交通事故で家族を失ったばかりの遺族に対し、矢継ぎ早に質問する鈴井の姿も描かれる。朝顔は思わず口をはさむが、鈴井は「交通事故は時間との勝負だ」と譲らず、その後も何かと朝顔と意見がぶつかってしまう。鈴井に影響を与えた意外な存在など、パーソナルな一面も明らかになっていくという。

 速水さんは「多くの方に愛されているシリーズドラマ『監察医 朝顔』に出演させていただくことになりとてもうれしく思います」とコメント。「今回のスペシャルで朝顔たちとどのように関わっていくのかぜひ楽しみにしていただけたらと思います」と話している。

 原作は、マンガ誌「漫画サンデー」(実業之日本社、現在は休刊)で連載された作・香川まさひとさん、画・木村直巳さん、監修・佐藤喜宣さんの同名マンガ。設定をアレンジし、東日本大震災で母・里子(石田ひかりさん)が行方不明となった法医学者の朝顔と、万木家の心の成長を描くヒューマンドラマ。2019年7~9月に第1シーズン、2020年11月~2021年3月に第2シーズンが放送された。

 新作は、第2シーズン最終話から1年半後の夏が舞台。朝顔には長女・つぐみ(加藤柚凪ちゃん)に続いて次女・里美(中村千歳ちゃん)が生まれ、育児や父・平(時任三郎さん)の認知症に悩み、ある決断をする。9月26日午後9時から放送。

テレビ 最新記事