楠木ともり:アニメ「チェンソーマン」に感動 「手が震えました」 マキマ役で「距離感」を意識

「チェンソーマン」のワールドプレミアの様子(C)藤本タツキ/集英社・MAPPA
1 / 1
「チェンソーマン」のワールドプレミアの様子(C)藤本タツキ/集英社・MAPPA

 藤本タツキさんの人気マンガが原作のテレビアニメ「チェンソーマン」のワールドプレミアが9月19日、TOHOシネマズ 六本木ヒルズ(東京都港区)で開催され、主人公デンジ役の戸谷菊之介さん、マキマ役の楠木ともりさんら声優陣が登場した。ワールドプレミアでは第1話が上映され、楠木さんは「一ファンとして見入っていました。見たいシーンが全部動いている! 感動で手が震えました」と語った。

 マキマを演じる際に意識していることを聞かれ「距離感に気をつけています。どの距離でしゃべっているのかを意識しています」と話した。

 ワールドプレミアには、早川アキ役の坂田将吾さん、パワー役のファイルーズあいさん、中山竜監督も登壇した。

 「チェンソーマン」は、悪魔を身に宿した少年デンジが、デビルハンターとして活躍する姿を描くダークヒーローアクション。第1部が「週刊少年ジャンプ」(集英社)で2018年12月~2020年12月に連載された。第2部が集英社のマンガアプリ「少年ジャンプ+(プラス)」で7月から連載中。宝島社がその年の人気マンガをランキング形式で発表するガイドブック「このマンガがすごい!2021」のオトコ編で1位に選ばれるなど人気を集めている。コミックスの累計発行部数は、1500万部以上。

 アニメは「呪術廻戦」「ユーリ!!! on ICE」などのMAPPAが制作する。テレビ東京ほかで10月11日深夜0時から放送される。

アニメ 最新記事