チェイサーゲーム:第3話 “龍也”渡邊圭祐、会議でハラハラ

連続ドラマ「チェイサーゲーム」第3話の一場面(C)「チェイサーゲーム」製作委員会
1 / 4
連続ドラマ「チェイサーゲーム」第3話の一場面(C)「チェイサーゲーム」製作委員会

 俳優の渡邊圭祐さん主演の連続ドラマ「チェイサーゲーム」(テレビ東京系、木曜深夜0時半)第3話が9月22日に放送される。

 美羽(宮﨑優さん)と凛(若林佑真さん)はインターンとして一緒に働くことになる。企画会議に参加することになるも、チームメンバーに凛がトランスジェンダーと話せていない龍也(渡邊さん)は、会議での木本(バッファロー吾郎Aさん)の発言にハラハラする。

 そんな時、トイレに行くと言っていた凛がコンビニにいたとの情報が。龍也が事情を聞くと、意外な答えが。

 企画会議2回目の日。木本の声掛けで集まったチームメンバー以外の社員がいる中、凛は自分はトランスジェンダーだと話し……。

 原作はゲーム会社「サイバーコネクトツー」の松山洋さん作、松島幸太朗さん画の同名マンガ(KADOKAWA)。渡邊さん演じる「ダイナミックドリーム」社員の新堂龍也が入社9年目で中間管理職のプレーイングマネジャー(シニア)に昇進。ひと癖もふた癖もあるメンバーに振り回され、理想と現実のギャップにも悩みながら奮闘する。

写真を見る全 4 枚

テレビ 最新記事