ひきこもり先生:シーズン2が12月に放送 ポストコロナの社会で悩み苦しむ若者に寄り添う 佐藤二朗「きれいな言葉を今回も振り絞ろう」

12月17、24日に放送されるNHKのドラマ「ひきこもり先生」で主演を務める佐藤二朗さん=NHK提供
1 / 1
12月17、24日に放送されるNHKのドラマ「ひきこもり先生」で主演を務める佐藤二朗さん=NHK提供

 俳優の佐藤二朗さん主演で、2021年6~7月に放送されたNHKの土曜ドラマ「ひきこもり先生」(総合)のシーズン2が制作され、今年12月17、24日に放送されることが分かった。

 「ひきこもり先生」は、人づきあいの苦手な元ひきこもりの上嶋陽平(佐藤さん)が中学校の不登校クラスの非常勤講師になり、複雑な家庭環境を持つ生徒など、一筋縄ではいかない中学生の心に深く分け入り、悪戦苦闘する姿を描く。

 シーズン2では、陽平がポストコロナの社会で、生徒だけでなく、悩み苦しむすべての若者たちに全力で寄り添っていく。前後編で、前編が12月17日午後10時、後編が12月24日午後10時に放送。各話73分。

 佐藤さんは「現実は甘くない。それはもう、どうしようもなく、甘くない。しかしそれでも、きっと、空は青く、海はどこまでも広い。きれいな言葉を、きれい事を、子供たちに伝える勇気を、今回もなりふり構わず、振り絞ろうと思う」とコメントを寄せている。

テレビ 最新記事