セブンルール:激辛ファンの聖地「赤い壺」 元銀座No.1ホステスの店主に密着

9月27日放送の「セブンルール」に出演する大須賀友美さん=カンテレ提供
1 / 3
9月27日放送の「セブンルール」に出演する大須賀友美さん=カンテレ提供

 「今、最も見たい女性」を、七つのルールからひもとくドキュメントバラエティー番組「セブンルール」(関西テレビ・フジテレビ系、火曜午後11時)。9月27日の放送では、東京・表参道の唐辛子料理専門店「赤い壺」の店主、大須賀友美さんに密着する。

 大須賀さんは、15年前から辛くておいしい「うま辛」料理を生み出し続ける「激辛界」のパイオニア的存在。コラボ商品やメニューの監修など、企業からのオファーも絶えない。

 20代でフードコーディネーターとして、うま辛メニューを開発したことがきっかけで、大須賀さんは辛い料理に特化した出店を決意。開店資金を集めるため、28歳で東京・銀座の高級クラブに入り、3カ月でナンバーワン・ホステスに上り詰め、その座を2年間守り続けた。貯金した2000万円を元手に、30歳で現在の店をオープンした。

 店は「激辛ファンの聖地」として知られており、大須賀さん考案のメニューは、約200種類の唐辛子を組み合わせることで、辛さのレベルを「1辛」から「8辛」まで選べるようになっている。

 大須賀さんは今年7月、新潟県湯沢町の苗場スキー場で開催された野外音楽フェス「フジロック・フェスティバル」に初めて出店した。唐辛子のおいしさを広めたいと考え続ける大須賀さんの試みの舞台裏を追う。

写真を見る全 3 枚

テレビ 最新記事

MAiDiGiTV 動画