ふしぎ遊戯:新作読み切りが「月刊フラワーズ」に まだ語られていなかった美朱と鬼宿の物語

「ふしぎ遊戯-特別編-」が掲載された「月刊フラワーズ」11月号
1 / 4
「ふしぎ遊戯-特別編-」が掲載された「月刊フラワーズ」11月号

 渡瀬悠宇さんの人気マンガ「ふしぎ遊戯」の新作読み切り「ふしぎ遊戯-特別編-」が、9月28日発売の「月刊フラワーズ」(小学館)11月号に掲載された。まだ語られていなかった美朱(みあか)と鬼宿 (たまほめ)の物語が描かれた。付録は、連載30周年を記念して朱雀七星士がデザインされたクリアファイルで、作者の渡瀬さんのインタビューも掲載された。

 「ふしぎ遊戯」は、「少女コミック」(同、現Sho-Comi)で1992~96年に連載されたマンガ。古い書物・四神天地書を見つけた主人公が、本の中の異世界へいざなわれる……というストーリー。

 続編「玄武開伝」が2003年に「少女コミック増刊」(同)でスタートし、その後掲載誌を変え、「月刊フラワーズ」で2013年まで連載された。2015年に「月刊フラワーズ」に「白虎異聞」が掲載され、2017年に同誌で「白虎仙記」の連載をスタートした。テレビアニメが1995~96年に放送された。シリーズ累計発行部数は約2000万部。

写真を見る全 4 枚

アニメ 最新記事