IMPACTors鈴木大河:舞台「キングダム」で成キョウ 「なんだあいつって思ってもらえるよう」悪役に意気込み

舞台「キングダム」に出演する(左から)鈴木大河さん、小関裕太さん、三浦宏規さん、高野洸さん、牧島輝さん、神里優希さん
1 / 1
舞台「キングダム」に出演する(左から)鈴木大河さん、小関裕太さん、三浦宏規さん、高野洸さん、牧島輝さん、神里優希さん

 人気マンガの舞台版「キングダム」に出演する人気ユニット「IMPACTors(インパクターズ)」の鈴木大河さんが取材に応じ、悪役「成キョウ」を担う意気込みを語った。

 鈴木さんは今回、神里優希さんとのダブルキャスト。演じる成キョウは若き秦王・エイ政の異母弟で、クーデターを起こし、エイ政を助ける主人公の信たちにとって敵役となる。

 鈴木さんは「お話をいただく前からマンガ、映画を見ていました!」と出演を喜び、成キョウについて「読者が一番最初に嫌いになるキャラクター。僕も最初にマンガを読んだときは嫌いでした」と笑う。

 「でも、成キョウがいなければ『キングダム』は始まらない。物語を“動かす”とても大事なキャラクターです」と評価。「いかに見ている方に不快な感じというか『なんだあいつ』って思ってもらえる表現をできるように頑張りたいです」と意気込んだ。

 原泰久さん作の人気マンガ「キングダム」は「週刊ヤングジャンプ」(集英社)で2006年に連載スタート。中国の春秋戦国時代を舞台に、天下の大将軍を目指す戦災孤児として育った信と、後に「秦の始皇帝」となるエイ政たちの活躍を描く。既刊66巻のコミックスの累計発行部数は9200万部を突破。2019年には山崎賢人さん主演の実写映画第1作が公開され、興行収入57億3000万円を記録し、同年の邦画実写作品の興行収入で1位になった。今年7月には実写映画第2作も公開され、興行収入45億3000万円を突破している。

 舞台版は、信を三浦宏規さんと高野洸さんがダブルキャストで演じる。エイ政もダブルキャストとなり、関裕太さんと牧島輝さんが演じる。2023年2月5~27日に帝国劇場(東京都千代田区)で上演する。

芸能 最新記事