4人はそれぞれウソをつく:しっかり青春、友情 癒やし、百合も!? 田中ちえ美、村上奈津実、佐倉綾音、潘めぐみが魅力語る

「4人はそれぞれウソをつく」の特番「『人はそれぞれウソをつく』~放送直前!革命の礎となるがいい!!スペシャル~」(C)橿原まどか・講談社/製作委員会はウソをつく
1 / 2
「4人はそれぞれウソをつく」の特番「『人はそれぞれウソをつく』~放送直前!革命の礎となるがいい!!スペシャル~」(C)橿原まどか・講談社/製作委員会はウソをつく

 「別冊少年マガジン」(講談社)で連載中の橿原まどかさんのマンガが原作のテレビアニメ「4人はそれぞれウソをつく」の特番「『人はそれぞれウソをつく』~放送直前!革命の礎となるがいい!!スペシャル~」が10月8日、ABEMAで配信された。リッカ役の田中ちえ美さん、千代役の村上奈津実さん、関根役の佐倉綾音さん、翼(剛)役の潘めぐみさん、アニメを手がけるABCアニメーションの多田香奈子プロデューサーが登場し、アニメの見どころを語った。

 田中さんは自身が演じるリッカについて「コロコロ変わる表情がリッカの魅力で、ロリの時と大佐の時の表情変化や声も変えています。演じている身としては、すごく力を入れて演じているので、皆さんも楽しみに待っていてほしいです」とコメント。

 千代役の村上さんは「抜け忍なので、今までにたくさんの方を手にかけているような残虐さもあるんですけど、可愛いものが大好きで、可愛い女の子に囲まれていることを幸せに思うところだったり、今まで我慢していた分、幸せが爆発しているところがすごく推しです」とキャラクターへの愛を語った。

 関根役の佐倉さんは「美少女なだけでは周りの魅了的なキャラクターにはかなわない」と前置きした上で「関根以外にも女の子たちの可愛いシーンがあるんですけど、私が原作を読んでいて高まりに高まった推しの百合シーンが中盤から後半にかけて出てくるの
で、ぜひ見てください」と熱弁。

 翼(剛)役の潘さんは「演じる上でボーイッシュな女の子寄りで演じているところもあれば、地で剛が出てしまうところもあって 4人の中でいることで生まれる素の部分も魅力だと感じます」と語った。

 最後に、潘さんは「4人はそれぞれウソをついているんですけど、皆さんとナレーターの大塚芳忠さんだけが真実を知っております。なので、皆さんはムフフムフフと見ながら深夜の楽しみにしていただければ幸いですし、とてもエモい瞬間が待ち受けているのでぜひお見逃しなく!」とメッセージを送り、佐倉さんは「タイトルにもある通り、だまし合っている物語なのかなと思いきや、実は途中からお互いのためにつく“ウソ”が増えていって、単純なだまし合いのサスペンスではなく、しっかり青春していたり、しっかり友情が築かれていたり、しっかり百合をしていたり(笑い)、すごく癒やしみたいなものを得られるコメディー作品となっておりますので、皆さんお楽しみに放送をお待ちください!」と呼びかけた。


 村上さんは「本当に収録で笑いをこらえるのが大変なんですよ。本当に笑ってしまうことがあるぐらい、私自身本当に楽しくやらせていただいているアニメですので、皆さんも楽しく見ていただけると思います。ぜひお楽しみに!」と話し、田中さん「最初はみんな自分を守るためについていたウソが、段々と友情を守るためのウソに変わっていく様子をアニメ全11話を通して皆さん、楽しみに待っていてほしいです。さまざまな層の方に刺さる作品だと思いますので、来週のスタートを皆さんお楽しみに!」とメッセージを送った。

 同作は、同じ女子校に通う中学2年生で、宇宙人、抜け忍、超能力者、女装男子という秘密があるリッカ、千代、関根、翼のカオスな学園生活を描いている。ABCテレビ・テレビ朝日系の深夜アニメ枠「ANiMAZiNG!!!」で10月15日から放送される。


 

写真を見る全 2 枚

アニメ 最新記事

MAiDiGiTV 動画