オダギリジョー:「カムカム」で朝ドラの洗礼 トランペット、ピアノを「めちゃめちゃ練習させられた」

「東京ドラマアウォード2022」の授賞式に登壇したオダギリジョーさん
1 / 3
「東京ドラマアウォード2022」の授賞式に登壇したオダギリジョーさん

 俳優のオダギリジョーさんが10月25日、東京プリンスホテル(東京都港区)で開かれた「東京ドラマアウォード2022」の授賞式に登壇した。2021年度後期のNHK連続テレビ小説(朝ドラ)「カムカムエヴリバディ」(総合)で助演男優賞に選ばれたオダギリさんは、「トランペットとピアノをめちゃめちゃ練習させられて大変でした。『朝ドラってそういうもんだ』と頑張れるだけ、頑張ろうと思いました」と初の朝ドラ出演を振り返った。

 「カムカムエヴリバディ」は昭和、平成、令和の時代に、ラジオ英語講座と共に歩んだ祖母、母、娘の3世代親子の100年のファミリーストーリーを描いた。上白石萌音さんが祖母の安子、深津絵里さんが娘のるい、川栄李奈さんが孫のひなた役で出演。オダギリさんは、るいの夫で、ひなたの父の錠一郎を演じた。

 オダギリさんは「戦争直後に生まれた役で、最終的に83歳くらいまでを演じました。いろいろな経験ができて面白かったです」と充実感をのぞかせていた。

 「東京ドラマアウォード」は、「世界に見せたい日本のドラマ」をコンセプトに、「作品の質」「市場性」「商業性」にスポットを当て、優れたテレビドラマを表彰する賞で、今年で15回目。作品賞「連続ドラマ部門」のグランプリに2021年10月期の「最愛」(TBS系)が選出。主演男優賞には2022年1月期の「ミステリと言う勿れ」(フジテレビ系)で菅田将暉さん、主演女優賞には「最愛」で吉高由里子さん、助演女優賞には今年4月期の「やんごとなき一族」(フジテレビ系)で松本若菜さん、脚本賞には「カムカムエヴリバディ」で藤本有紀さんがそれぞれ選出された。

写真を見る全 3 枚

芸能 最新記事