クレイジージャーニー:東大卒のプロポーカープレーヤーが7年ぶりにスタジオ登場 賞金1000万円超えの大会に密着

11月21日放送の「クレイジージャーニー」に出演する松本人志さん(左)と木原直哉さん(C)TBS
1 / 2
11月21日放送の「クレイジージャーニー」に出演する松本人志さん(左)と木原直哉さん(C)TBS

 お笑いコンビ「ダウンタウン」の松本人志さん、「バナナマン」の設楽統さん、女優の小池栄子さんがMCを務めるTBSの紀行バラエティー番組「クレイジージャーニー」(TBS系、月曜午後9時)。11月21日の放送では、東京大学理学部卒でプロポーカープレーヤーの木原直哉さんが7年ぶりにスタジオに登場する。

 木原さんは、2017年に同番組に出演。放送を見てポーカーを始めたプレーヤーも多く、“クレイジージャーニー世代”と呼ばれるほど、ポーカー界に多大な影響を与えた人物だ。そんな木原さんは、今年行われたポーカーの大会で3回もファイナルテーブル(決勝戦)に進出。約9000万円の賞金を獲得した大会もあったという。

 番組では、ポーカーの聖地・ラスベガスで開催された、賞金1000万円超えの大会に出場する木原さんに同行。普段はカメラが入ることが難しい大会の様子が明らかになる。

写真を見る全 2 枚

テレビ 最新記事