王立宇宙軍 オネアミスの翼:坂本龍一参加の裏側 山賀博之監督、渡辺繁Pが明かす

「王立宇宙軍 オネアミスの翼」の4Kリマスター版の舞台あいさつ付き上映会の様子
1 / 1
「王立宇宙軍 オネアミスの翼」の4Kリマスター版の舞台あいさつ付き上映会の様子

 劇場版アニメ「王立宇宙軍 オネアミスの翼」の4Kリマスター版の舞台あいさつ付き上映会が11月22日、シネマシティ シネマ・ワン(東京都立川市)で開催され、山賀博之監督、渡辺繁プロデューサーが登場した。同作は、貞本義行さんがキャラクターデザインを担当したほか、庵野秀明さん、樋口真嗣さんらが参加した名作で、1987年の公開から35周年を記念して4Kリマスター版が制作された。坂本龍一さんが音楽を手掛けたことも話題になった。山賀監督と公開当時、バンダイでプロデューサーを務めた渡辺さんが同作の音楽について語った。

 渡辺プロデューサーは、坂本さんが参加することになった経緯を「当時、バンダイで音楽ビデオを売ろうとしていて、忌野清志郎さん、細野晴臣さんの企画があった。鵜之澤君(『機動警察パトレイバー』などを手掛けた鵜之澤伸プロデューサー)が細野さんのマネジャーと仲良くなって、坂本さんのマネジャーにつながった。山賀さんからも坂本さんとやってみたいという話もあったので」と明かした。

 山賀監督は「坂本さんには『エンド・オブ・エイシア』『Coda』のような感じで……とお話ししました。『エンド・オブ・エイシア』は、古いような新しいような異世界感があった。ピアノのスケッチが上がった時、「クラシックな話だと思ったけど、ロックなのかもしれない。ロックだと格好いいと思うよ』とお話がありました。分からないけど、じゃあ格好いい方で!とお願いしました」と話した。

 「王立宇宙軍 オネアミスの翼」は、ただ漠然と毎日を過ごす宇宙軍の兵士シロツグが、ある少女との出会いをきっかけに宇宙パイロットに志願し、幾つもの壁を乗り越え、宇宙を目指す……というストーリー。公開35周年を記念して、4Kリマスター化され、BDボックスも発売されることになった。


アニメ 最新記事