神無き世界のカミサマ活動:テレビアニメが2023年放送 メインキャストに榎木淳弥、鬼頭明里

「神無き世界のカミサマ活動」のビジュアル(C)2023朱白あおい,半月板損傷/ヒーローズ/カミカツ製作委員会
1 / 6
「神無き世界のカミサマ活動」のビジュアル(C)2023朱白あおい,半月板損傷/ヒーローズ/カミカツ製作委員会

 マンガサイト「コミプレ」で連載中のマンガが原作のテレビアニメ「神無き世界のカミサマ活動」が2023年に放送されることが分かった。メインキャストも発表された。宗教家の息子が異世界に転生するというストーリーで、榎木淳弥さんが宗教家の息子・卜部征人(うらべ・ゆきと)、鬼頭明里さんが神様のミタマをそれぞれ演じる。

 榎木さんは「征人はテンションが低いところから急に高くなったりして、シリアスな面もコメディーな面もどちらも担うことになるキャラクターなので、演じるのがとても楽しみでした」と話し、「征人が新たな世界でどのような活動をしていくかに注目してください!」とメッセージを送った。

 鬼頭さんは「ミタマは今までにあまり演じてこなかったタイプの役で原作を読んでいても、ぶっ飛んだお芝居ができそうと思っていました。オーディションの時からとても楽しくお芝居をさせていただいていたので、合格のお知らせを聞いた時は本当にうれしかったです! なかなかこれまでになかった角度の作品をアニメーションで表現するお手伝いができるのが本当に楽しみで仕方ありません!」と意気込みを語っている。

 「神無き世界のカミサマ活動」は、朱白あおいさん原作、半月板損傷さん作画の異世界ファンタジーマンガ。宗教家の息子の卜部征人が教団の修行の最中に命を落として異世界に転生し、神と名乗るミタマの力を取り戻すために信者を集めることになる。

 ◇スタッフ(敬称略)

 監督:稲葉友紀▽スーパーバイザー:末田宜史▽シリーズ構成:朱白あおい▽キャラクターデザイン:吉川佳織▽アニメーション制作:studio ぱれっと

写真を見る全 6 枚

アニメ 最新記事

MAiDiGiTV 動画