SPY×FAMILY:第21話「MISSION:21 <夜帷>/はじめての嫉妬」カット “夜帷”フィオナがアーニャの前に 声優は佐倉綾音

「SPY×FAMILY」の第21話「MISSION:21 <夜帷>/はじめての嫉妬」の一場面(C)遠藤達哉/集英社・SPY×FAMILY製作委員会
1 / 6
「SPY×FAMILY」の第21話「MISSION:21 <夜帷>/はじめての嫉妬」の一場面(C)遠藤達哉/集英社・SPY×FAMILY製作委員会

 集英社のマンガアプリ「少年ジャンプ+(プラス)」で連載中のマンガが原作のテレビアニメ「SPY×FAMILY」の第21話「MISSION:21 <夜帷(とばり)>/はじめての嫉妬」のカットが公開された。第21話では、前話で初登場したロイド・フォージャーの同僚諜報員の<夜帳(とばり)>ことフィオナ・フロストが登場する。フィオナを前に唖然とした表情のアーニャ・フォージャーや、恐怖の表情のボンド・フォージャー、ボロボロになったペンギンのぬいぐるみなどが描かれている。

 「SPY×FAMILY」は、2019年3月に「少年ジャンプ+」で連載をスタート。すご腕スパイが、任務のためにかりそめの家族を作り、新生活を始める……というストーリー。スパイの父、超能力者の娘、殺し屋の母が互いに正体を隠して生活することになる。

 アニメは「機動戦士ガンダムUC」などの古橋一浩さんが監督を務め、「進撃の巨人」などのWIT STUDIO、「約束のネバーランド」などのCloverWorksが制作する。第1クールが4~6月に放送された。第2クールがテレビ東京系で10月から放送中。

写真を見る全 6 枚

アニメ 最新記事