恋と弾丸:ドラマ化も話題の少女マンガが完結 最終12巻発売 「Cheese!」に黒羽麻璃央、木村慧人

「恋と弾丸」のコミックス最終12巻のカバー
1 / 6
「恋と弾丸」のコミックス最終12巻のカバー

 実写ドラマ化されたことも話題の箕野希望さんの少女マンガ「恋と弾丸」のコミックス最終巻となる第12巻が11月25日に発売され、完結を迎えた。完結を記念し、描き下ろしイラストを使用した桜夜才臣(おうや・としおみ)のアクリルキーホルダー、ポストカードなどの特典が付いた第12巻の特装版も同時発売された。

 「恋と弾丸」は、マンガ誌「プレミアCheese!(チーズ)」(小学館)で連載されたマンガ。ヤクザの若頭・桜夜才臣と女子大生のユリの運命的な恋が描かれた。コミックスの累計発行部数は500万部以上。俳優の古川雄大さんと馬場ふみかさんがダブル主演を務める実写ドラマが、MBSの「ドラマ特区」(木曜深夜0時59分)枠、テレビ神奈川ほかで放送中。

 11月24日発売のマンガ誌「Cheese!」(同)2023年1月号では、ドラマでセミリオを演じる黒羽麻璃央さん、ジンを演じる木村慧人さんのグラビア、インタビューが掲載された。

写真を見る全 6 枚

マンガ 最新記事