装甲騎兵ボトムズ:ロボ道 ラビドリードッグ ウェザリング塗装 ギミックも ワンホビギャラリー

「装甲騎兵ボトムズ」のラビドリードッグのフィギュア「装甲騎兵ボトムズ ロボ道 ラビドリードッグ」
1 / 2
「装甲騎兵ボトムズ」のラビドリードッグのフィギュア「装甲騎兵ボトムズ ロボ道 ラビドリードッグ」

 人気アニメ「装甲騎兵ボトムズ」のラビドリードッグのフィギュア「装甲騎兵ボトムズ ロボ道 ラビドリードッグ」(threezero)が、東京・秋葉原のアキバCOギャラリーで開催中のグッドスマイルカンパニーなどの新作フィギュアの展示会「ワンホビギャラリー 2022 AUTUMN」に展示された。

 全高約15.9センチの可動フィギュアで、素材にABS、PVC、POM、亜鉛合金ダイキャストを使用し、塗装によってウェザリング(風化)を表現した。亜鉛合金ダイキャストに可動フレームを使用し、全身に76カ所の可動ポイントを設けた。フェースガード、胸部コックピットハッチ、腹部メンテナンスハッチが開閉するほか、脚部とバックパックが変形し、降着姿勢が再現できる。両腕の前腕部にはアームパンチ再現用の伸縮ギミックを搭載。左腕のアイアンクローが射撃形態に変形する。下部ハッチの開閉によって機雷の投下も再現できる。価格は2万4200円。2023年に発売。

写真を見る全 2 枚

アニメ 最新記事