松坂桃李:TAMA映画賞で最優秀男優賞を受賞 「『流浪の月』は僕の中でのベスト」

第14回TAMA映画賞で最優秀男優賞を受賞した松坂桃李さん
1 / 30
第14回TAMA映画賞で最優秀男優賞を受賞した松坂桃李さん

 俳優の松坂桃李さんが第14回TAMA映画賞で最優秀男優賞を受賞し、11月26日にパルテノン多摩(東京都多摩市)で開催された授賞式に出席。松坂さんは「流浪の月」(李相日監督)の演技が評価されての受賞に、「昔チャップリンが『あなたのベストアクトは何ですか』という質問に、『ネクストワン。僕のベストは常に次だ』と答えていて、すごくいいコメントだと思った」と切り出し、「僕もいつかそういうことを言えるようになれたらと思い頑張ってきたけど、まだまだチャップリンには及ばない。ただ『流浪の月』に関しては、間違いなく僕の中でのベストだと思っています」と笑顔で話した。

 松坂さんは「そう言えるぐらい今回、自分の中ですべてを出し切ろうと(思って作品に挑んだ)」と理由を説明し、「僕自身、挑戦でもありましたし、勝負の作品だなと思っていたので、今回受賞することができてうれしい。ここに導いてくださった李監督、共演してくれた広瀬すずさん、キャストの方々、スタッフの方々の力のおかげ。改めて感謝を述べたいです」と思いの丈を語った。

 今後取り組んでみたい作品として「きょうだいもの」を挙げた松坂さんは、「そんなにやったことがないなと。ちょっと年の離れたきょうだいでもいいですけど、アットホームなハートフルコメディーチックなきょうだい作品があれば、ぜひ呼んでいただきたい。全力でやりたいです!」と関係者に呼びかけていた。

 TAMA映画賞は、多摩市および近隣市民からなる実行委員が「明日への元気を与えてくれる・夢をみせてくれる活力あふれる<いきのいい>作品・監督・俳優」を、映画ファンの立場から表彰する。今回は2021年10月~2022年9月に劇場公開された作品が対象となった。

 ◇受賞作品と受賞者は以下の通り(敬称略)

 最優秀作品賞:「LOVE LIFE」「ハケンアニメ!」▽特別賞:芦田愛菜、宮本信子「メタモルフォーゼの縁側」、小林啓一監督「恋は光」▽最優秀男優賞:佐藤二朗 「さがす」「truth 姦しき弔いの果て」「バイオレンスアクション」、松坂桃李「流浪の月」▽最優秀女優賞:倍賞千恵子「PLAN 75」、広瀬すず「流浪の月」

 最優秀新進監督賞:片山慎三「さがす」、森井勇佑「こちらあみ子」▽最優秀新進男優賞:磯村勇斗「ビリーバーズ」「PLAN 75」「異動辞令は音楽隊!」「さかなのこ」「前科者」「彼女が好きなものは」ほか、横浜流星「流浪の月」「アキラとあきら」「嘘喰い」「あなたの番です 劇場版」「DIVOC-12」▽最優秀新進女優賞:河合優実「PLAN 75」「愛なのに」「ちょっと思い出しただけ」「女子高生に殺されたい」「百花」「冬薔薇」ほか、伊東蒼「さがす」「恋は光」「MIRRORLIAR FILMS Season4」

写真を見る全 30 枚

映画 最新記事