清水くるみ&山谷花純:“控えめ女子”&“悪女”役で連ドラ初主演 「親友は悪女」

連続ドラマ「親友は悪女」でダブル主演を務める清水くるみさん(左)と山谷花純さん
1 / 2
連続ドラマ「親友は悪女」でダブル主演を務める清水くるみさん(左)と山谷花純さん

 女優の清水くるみさんと山谷花純さんが、2023年1月8日からBSテレ東で放送される連続ドラマ「親友は悪女」(日曜午後11時半)でダブル主演を務めることが明らかになった。2人とも連ドラ初主演で、純粋で真っすぐな主人公と、その親友で“悪女”というもう一人の主人公の女同士の友情と恋愛模様が描かれる。

 原作は和田依子さんの電子コミック(DPNブックス)。東宮商事の営業事務として充実した毎日を送っていた堀江真奈(清水さん)が、高校卒業以来連絡が取れなくなっていたたった一人の親友・高遠妃乃(山谷さん)と再会。離婚したばかりで行くところがないという妃乃を家に迎え入れるが、妃乃の別の顔が見えてくる……というストーリー。真奈がひそかに気になっている同僚の橋井翼、真奈の職場のエリート上司・東雲拓人を巡る複雑な恋愛模様も描かれる。

 純粋で控えめな主人公の真奈を演じる清水さんは「今、このタイミングで、連ドラ主演のお話をいただいたことにはびっくりしましたが、こんなにがっつりとドラマ作品をやるのは久しぶりなので、本当にうれしく、今からドキドキ、ワクワクしております!」とコメント。

 真奈と周囲の男性たちを翻弄(ほんろう)する”悪女“で、もう一人の主人公・妃乃を演じる山谷さんは「ずっと憧れていた場所に立つチャンスをいただけました。何よりもうれしかったのは、10代の頃からよくオーディションで顔を合わせていた清水くるみさんとのダブル主演であることです。互いに諦めず続けてきたからこその巡り合いだと思っています。 この喜びと共に抱いてきた闘争心を良い形で作品へ結びつけられるよう励みます」と意気込んでいる。

写真を見る全 2 枚

テレビ 最新記事