明日のドンブラザーズ:ドン39話「たなからボタンぽち」 空の彼方から“ドン・キラー”飛来 ドンブラザーズ崩壊の危機!?

「暴太郎戦隊ドンブラザーズ」ドン39話「たなからボタンぽち」の一場面(C)テレビ朝日・東映AG・東映
1 / 5
「暴太郎戦隊ドンブラザーズ」ドン39話「たなからボタンぽち」の一場面(C)テレビ朝日・東映AG・東映

 スーパー戦隊シリーズの46作目「暴太郎(あばたろう)戦隊ドンブラザーズ」(テレビ朝日系、日曜午前9時半)ドン39話「たなからボタンぽち」が12月4日に放送される。

 「喫茶どんぶら」マスター・五色田介人(駒木根葵汰さん)の留守中、鬼頭はるか(志田こはくさん)たちは店の大掃除をすることに。掃除中に七色に輝くボタンを見つけ、桃谷ジロウ(石川雷蔵さん)がボタンを押してしまう。

 すると、空の彼方(かなた)から桃井タロウ(樋口幸平さん)にそっくりなアンドロイド“ドン・キラー”が飛来する。介人によると、ドン・キラーはある目的のために作られたものだという。ドンブラザーズ崩壊の危機か……!?

 「暴太郎戦隊ドンブラザーズ」は、おとぎ話「桃太郎」がモチーフのヒーロー。“レッド”ドンモモタロウが、お供の“ブルー”サルブラザー、“ブラック”イヌブラザー、“ピンク”キジブラザー、鬼がモチーフの“イエロー”オニシスターと共に敵と戦う。

写真を見る全 5 枚

アニメ 最新記事