吉川愛:非モテ男にアプローチする“可愛い女の子”に 胸キュンドラマで“ドッキリ系ドキュメンタリー”体験

ドラマ「やっぱそれ、よくないと思う。」の出演者=テレビ朝日提供
1 / 2
ドラマ「やっぱそれ、よくないと思う。」の出演者=テレビ朝日提供

 女優の吉川愛さんが、2023年1月6日午後11時15分から放送されるドラマやっぱそれ、よくないと思う。」(テレビ朝日系)で主演を務めることが12月5日、明らかになった。吉川さんが同局のドラマに主演するのは初めて。持ち前の美貌を武器に、「今まで誰とも付き合ったことのなさそうな男に可愛い女の子をアプローチさせてみる」という企画に挑むストリーマー(配信者)の上新井田みどりを演じる。

 うそから始まった恋が、やがて本物の恋へと発展していくさまを描く胸キュンドラマ。3人組ストリーマー「ポン・ポコ・ピー」のメンバーとして活動する上新井田は、仲間に乗せられたドッキリ系ドキュメンタリー企画を自ら体験することに。相手をだまして恋愛することに、次第に罪悪感を覚えていく。

 岡山天音さん、久保田紗友さん、井上祐貴さんの出演も発表された。岡山さんは上新井田のターゲットとなるモテない男・石橋渉、久保田さんと井上さんは「ポン・ポコ・ピー」のメンバーである園木佳奈、池照海をそれぞれ演じる。

 吉川さんは「最初に台本を読んだときは、ほんわかするコメディーで“イマドキ感”があるお話だなと思いました。どんな空気感になるのか、イメージは湧きづらかったのですが、何回も読んでいると楽しくて、本番当日が楽しみでした」とコメント。

 「演じている私たちもすごく楽しみながらできましたし、笑えたり、胸がギュッと熱くなったりできる面白い作品です! ぜひ楽しんで見ていただけたらうれしいです」と話している。

 脚本は、ソフトバンク「ホワイト家族」シリーズなどを手がけてきたCMプランナーの澤本嘉光さん、演出は、日清やZOZOTOWNなどのCMを担当してきたCMディレクターの伊勢田世山さんが担当する。

 放送後には、動画配信サービス「TELASA(テラサ)」でオリジナルコンテンツ「やっぱそれ、よくないと思う。 大盛り。」も配信。上新井田の身に実はこんなことが起きていた、という“秘密のエピソード”を描く。

写真を見る全 2 枚

テレビ 最新記事