雨宮天:初の連ドラレギュラー出演で敏腕秘書役 竜星涼とのギャグシーンも 2023年1月期「スタンドUPスタート」

2023年1月18日放送開始の連続ドラマ「スタンドUPスタート」に出演する雨宮天さん
1 / 2
2023年1月18日放送開始の連続ドラマ「スタンドUPスタート」に出演する雨宮天さん

 人気アニメ「七つの大罪」「東京喰種トーキョーグール」などで知られる声優の雨宮天さんが、2023年1月18日から放送される竜星涼さん主演の連続ドラマ「スタンドUPスタート」(フジテレビ系、水曜午後10時)に出演することが分かった。雨宮さんが連続ドラマにレギュラー出演するのは初めてで、竜星さん演じる投資会社の社長・三星大陽の専属秘書・M(えむ)を演じる。

 雨宮さんが演じるMは、非常に優秀で大陽のことを完璧にサポートする敏腕秘書。謎多き女性で、大陽とはいつも電話やリモートでやり取りしており、決して姿を現すことはない。大陽への過剰な愛情が垣間見え、遠隔で予想外の愛のアプローチをすることもあるという。

 雨宮さんは「今回のお話を聞いた時、レギュラーメンバーとしてドラマに参加させていただくことは初めてでしたので驚きました。原作の先生が私の声を想像してくださっていたと聞いてうれしかったです。私が演じる大陽の秘書・Mは、声優として培ってきた経験を生かせるキャラクターだと感じました」と喜びを語っている。

 「普段やっているアニメのお芝居と実写のお芝居はかなり違うので、実写のトーンを意識すべきだろうかなど、いろいろ考えましたが、大陽とのシーンが思い切りギャグなのも相まって、意外と外連味(けれんみ)のあるアニメーション的なお芝居でもいいんじゃないかと思っております。私は声優の強みを生かしたお芝居で秘書の存在感、ギャグシーンを立たせて、この作品を盛り上げていけたらと思っていますので、秘書と大陽の掛け合いにもぜひ注目してください!」とコメントを寄せている。

 フジテレビ編成部の企画担当・狩野雄太さんは「M役ですが、原作の福田(秀)先生ともご相談をさせていただき、雨宮さんにお願いしたいとなりまして、オファーをさせていただきました」と起用理由を説明。「一度、大陽演じる竜星涼さんと読み合わせをさせていただいたのですが、クールさと若干の怖さを伴う愛情を完璧に表現してくださっており、とても面白い掛け合いになっておりますのでぜひご期待ください!」と話している。

 ドラマのポスタービジュアルも公開された。竜星さん演じる大陽が東京の街をバックにたたずむ姿が収められている。大陽の背後には、大陽の兄・三星大海(小泉孝太郎さん)、三星義知(反町隆史さん)ら登場人物のそれぞれの境遇を“壊れかけのビルボード”に見立てて表現した。

 狩野さんはポスタービジュアルについて「ポスターは新しい年の爽やかさと、再び人々が前向きに立ち上がることを意識してデザインしていただきました。男性だけのポスターも珍しいかと思いますが(笑い)、とても格好いい仕上がりとなりましたので、ぜひチェックしてみてください!」と話している。

 ドラマは、マンガ誌「週刊ヤングジャンプ」(集英社)で連載中の福田秀さんの同名マンガが原作。投資会社・サンシャインファンドの社長・三星大陽が、失敗や挫折を経験した人々に「スタートアップ(起業)しよう!」と声を掛け、“人間再生”に取り組む姿を描く。

写真を見る全 2 枚

アニメ 最新記事