虚淵玄:アニメ「REVENGER」は「本当にこういうものを作りたかった!」「好みの世界観ド直球」

「REVENGER」の先行上映イベントに登場した(左から)葉山翔太さん、梅原裕一郎さん、笠間淳さん、藤森雅也監督、虚淵玄さん、武内駿輔さん、金元寿子さん(C)REVENGER製作委員会
1 / 8
「REVENGER」の先行上映イベントに登場した(左から)葉山翔太さん、梅原裕一郎さん、笠間淳さん、藤森雅也監督、虚淵玄さん、武内駿輔さん、金元寿子さん(C)REVENGER製作委員会

 「魔法少女まどか☆マギカ」「Fate/Zero」などで知られるニトロプラスの虚淵玄(うろぶち・げん)さんが、ストーリー原案・シリーズ構成を手がけるオリジナルテレビアニメ「REVENGER(リベンジャー)」の先行上映イベントが12月10日、新宿ピカデリー(東京都新宿区)で開催され、虚淵さん、藤森雅也監督、主人公・繰馬雷蔵役の笠間淳さんら声優陣が登場した。虚淵さんがテレビアニメのストーリー原案・シリーズ構成を担当するのは約10年ぶりで、同作について「僕の好みの世界観ド直球で、本当に『こういうものを作りたかった!』という気持ちに尽きます」と語った。

 同作は、長崎を舞台とした時代劇で、信じていたものに裏切られ、帰る場所をなくした繰馬雷蔵ら殺し屋REVENGERの活躍を描く。虚淵さんは「時代ものと言えど、突拍子もないとんちき時代劇です。一見、明るくセクシーな彼女もいない、優しく理解ある彼くんもいない、今時誰が観るんだという企画なんですけど、それを最後まで本当に素晴らしいクオリティーで仕上げていただきました」と説明。映像を「着物の動かし方などがアニメーションでは鬼門だと聞いていたのですが、実際仕上がった映像は素晴らしく、スタッフには『よくぞここまで!』という感謝しかないです」と絶賛した。

 藤森監督は「虚淵さんから娯楽の王道の脚本をいただいて『これは絶対に空振りできない!』とものすごく力を込めて作業を進めてまいりました。登場人物はそれぞれの心情や生き方がてんでバラバラなんです。“一致団結して目的に向かってGO(ゴー)!”という感じでもなくて、ふんわりと一緒にいる、その距離感を楽しんでもらえたらうれしいです」と語った。

 雷蔵役の笠間さんは「雷蔵を演じている中で、孤独感、という漠然とした思いがありました。もちろん、アフレコが始まるまではとっても楽しく皆でお話しているのですが、収録が始まった瞬間に、スッと切り替わるんです。キャスト全員が、生の芝居、生の表現、そして人間らしさを細かく突き詰めていった作品だと思います。最後まで見ていただければ、各々の人間の本質と、そこからたどれる道筋が見えてくると思いますので、ぜひ放送を楽しみにしていてください 」と呼びかけた。

 イベントには、碓水幽烟(うすい・ゆうえん)役の梅原裕一郎さん、叢上徹破(むらかみ・てっぱ)役の武内駿輔さん、鳰(にお)役の金元寿子さん、惣二役の葉山翔太さんも登壇した。

 「REVENGER」は、松竹とニトロプラスによるオリジナルテレビアニメ。2023年1月5日からTOKYO MX、関西テレビほかで放送される。

写真を見る全 8 枚

アニメ 最新記事