鈴木福:3回目の「仮面ライダー」で念願のレギュラー出演 「ギーツ」で謎の男・ジーン役(コメント全文)

「仮面ライダーギーツ」で謎の男・ジーンを演じる鈴木福さん(C)2022 石森プロ・テレビ朝日・ADK EM・東映
1 / 1
「仮面ライダーギーツ」で謎の男・ジーンを演じる鈴木福さん(C)2022 石森プロ・テレビ朝日・ADK EM・東映

 俳優の鈴木福さんが、特撮ドラマ「仮面ライダーギーツ」(テレビ朝日系、日曜午前9時)で、同シリーズに初めてレギュラー出演することが12月25日、分かった。鈴木さんは同日放送の第16話「謀略IR:キツネ狩り」のラストシーンに登場。青と白のメッシュを入れたヘアスタイルに黒いジャケット姿をした謎の男・ジーンを演じる。

 幼い頃から仮面ライダーファンを公言している鈴木さんは、「仮面ライダーオーズ」第10話(2010年11月14日放送)に少年役で出演。映画「スーパーヒーロー戦記」(2021年)では物語のカギを握る少年を演じた。3回目の仮面ライダーシリーズ出演で、念願のレギュラー出演をつかみ取った。

 「仮面ライダーギーツ」第16話では、仮面ライダーたちが生き残りをかけて競い合うデザイアグランプリに「オーディエンス(観客)」の存在がいることが明かされた。ジーンは「見逃さないよ、君たちの生き様も、死に様も……」と、ライダーたちの活躍を見ていたことを感じさせる発言をしており、今後、正体が明かされていく。

 「仮面ライダーギーツ」は「生き残りゲーム」をテーマに、多数の仮面ライダーが、怪物ジャマトから街の平和を守るゲーム「デザイアグランプリ」で競い合う姿を描く。「仮面ライダーエグゼイド」(2016~17年)、「仮面ライダーゼロワン」(2019~20年)などを手掛けてきた高橋悠也さんが脚本を担当している。

 ◇鈴木福さんコメント

 今回、オファーをいただいて、ただただ純粋にうれしかったです! 「仮面ライダーギーツ」はスタートから毎週、楽しみに見てきたので、まさか自分が出演できるとは思っていませんでした。仮面ライダーシリーズにレギュラーで出演するのが、俳優としての僕のひとつの目標でもあったので、それがかなってめちゃくちゃうれしい気持ちです。

 浮世英寿/ギーツ役の簡秀吉君は、会うまではもっとクールな感じなのかなと思っていたのですが、全然そんなことなくて、めちゃくちゃ面白い人! 最初、僕にも敬語を使ってくれていたので、「やめてほしいな」ってお願いしたら、まだ仲良くなりかけの人にタメ口で話すのは苦手だからと言っていて……。でもそんな簡君が最近、だんだんタメ口になってきたので、実はものすごくうれしく思っています! 2人のシーンが多いのでけっこう話をすることが多くて、もちろんお芝居についても相談しますが、本当に普通の会話をしています。

 僕が演じるジーンは今後、物語に大きく関わっていく、重要なキャラクターとして描かれていきます。注目の人物だと思うので、ぜひみなさんチェックしてください! これからレギュラーとして頑張っていきますので、応援よろしくお願いいたします!

アニメ 最新記事

MAiDiGiTV 動画