乃木坂46:齋藤飛鳥、ラスト紅白へ メンバーと目を合わせ、笑顔でキラキラパフォーマンス

「第73回NHK紅白歌合戦」のリハーサルに登場した乃木坂46=NHK提供
1 / 5
「第73回NHK紅白歌合戦」のリハーサルに登場した乃木坂46=NHK提供

 アイドルグループ「乃木坂46」が12月28日、東京・渋谷のNHKホールで行われている「第73回NHK紅白歌合戦」のリハーサルに登場した。本番で披露するのは、グループからの卒業を発表しており、今回がラスト紅白となる齋藤飛鳥さんが初めてセンターを務めた楽曲「裸足でSummer」。音合わせでは、齋藤さんが他のメンバーたちと目を合わせながら、笑顔でパフォーマンスしていた。

 齋藤さんは「まず、みんなでこのステージに立てているということがすごくうれしいですし、すごく大切なことだと思うので、私はそれをしっかりかみ締めて。年末に見てくださる皆さんにキラキラをお届けできるすごくありがたい機会だと思うので、(メンバーの)みんながこれからもキラキラできるように、来年からの乃木坂もこんな感じでキラキラなんだろうなと思っていただけるように、とにかく楽しく、明るくできたらと思っています」と意気込みを語った。

 「第73回紅白歌合戦」は、俳優の大泉洋さん、女優の橋本環奈さん、NHKの桑子真帆アナウンサーが司会、櫻井翔さんがスペシャルナビゲーターを担当。NHKホールで有観客で開催される。放送は、12月31日午後7時20分~同11時45分(途中ニュースで中断あり)。

写真を見る全 5 枚

テレビ 最新記事