REVENGER:松竹・亜細亜堂・ニトロプラスによるオリジナルアニメ 笠間淳、梅原裕一郎、武内駿輔、金元寿子、葉山翔太が語る個性的すぎるキャラ

「REVENGER」に出演する(左から)金元寿子さん、梅原裕一郎さん、笠間淳さん、武内駿輔さん、葉山翔太さん
1 / 2
「REVENGER」に出演する(左から)金元寿子さん、梅原裕一郎さん、笠間淳さん、武内駿輔さん、葉山翔太さん

 松竹・亜細亜堂・ニトロプラスによるオリジナルアニメ「REVENGER(リベンジャー)」が1月5日からTOKYO MX、カンテレほかで放送される。「忍たま乱太郎」シリーズなどの藤森雅也さんが監督を務め、ニトロプラスの虚淵玄さん、大樹連司さんら豪華スタッフが集結。長崎を舞台に、信じていたものに裏切られ、帰る場所をなくした繰馬雷蔵(くりま・らいぞう)ら殺し屋REVENGER(リベンジャー)の活躍を描く。REVENGERの面々を演じる繰馬雷蔵役の笠間淳さん、碓水幽烟(うすい・ゆうえん)役の梅原裕一郎さん、叢上徹破(むらかみ・てっぱ)役の武内駿輔さん、鳰(にお)役の金元寿子さん、惣二(そうじ)役の葉山翔太さんに同作について聞いた。オリジナルアニメということもあり、謎も多いが、個性的すぎるキャラクター、独特の世界観などさまざまな魅力があるようで……。

 ◇濃いキャラ 重い題材 ト書きが細かい!?

 --作品の印象は?

 笠間さん スタッフの方々がめちゃくちゃ豪華、虚淵先生の脚本のオリジナルアニメということで、ストーリーを知らない段階で、どんなすごいものになるんだろう!?と思っていました。キャラクターたちがすごく濃いですし、会話もすごく楽しみでした。

 武内さん 昔ながらのニトロプラスらしさがありつつ、この雰囲気がテレビアニメでどこまで再現できるのだろう?と思いました。見応えがあるものになりそうなので、いろいろな人に届けられるような作品にできたらと楽しみになりました。

 梅原さん オーディションの段階では限られた資料しかなかったので、いわゆる時代ものの渋い作品だな……とも思ったのですが、脚本をいただき、読んでみると、ちょっとしたギャグシーンっぽいところもありますし、題材は重いけれど、さまざまな魅力があって。収録を進めていくうちに、ヒーローもののようなバトルシーンがあったり、気負わず見ていただける作品だと思います。

 葉山さん 台本のト書きの描写がすごく細かいんです。この時代にこういうものがあったんだ!と驚いたり、想像力が膨らみました。それぞれの武器があって、身近にあるもので戦う。そこでもキャラクター性が際立っていて、面白いんです。

 金元さん 時代考証のスタッフの方もいらっしゃって、作品の世界がすごく緻密に作られています。ト書きの細かさからもそれを感じました。キャラクターデザインもスタイリッシュですよね。現代的な衣装のキャラクターもいて、格好いいんですよね。

 --ちなみに歴史には詳しい?

 笠間さん 僕は好きです。ただ、僕らの知ってる江戸時代ではないですし、独特の世界観にロマンを感じます。

 梅原さん 僕はあんまり詳しくなくて……。

 葉山さん 賭場の雰囲気が分からなかったので、「座頭市」を見ました。賭場と聞いて思いついたのが「座頭市」だったので。言葉の荒々しさを見て、予習しました。

 --キャラクターの印象は?

 笠間さん 雷蔵は、武士の在り方を愚直に追い続けているキャラクターです。そこから派生される価値観、判断基準を大切にしていきたいと思っています。ほかのキャラクターも個性的ですし、ぼくとつに見えるかもしれないですが、幼虫がサナギになって、羽ばたくような彼の生きざまも見ていただきたいです。

 武内さん 徹破は、ギャップがあるんです。インテリっぽいけど、実はすごく野蛮。本人にも明確なスイッチがあり、ギャップ感を大事にして、そこのメリハリを付けようとしています。ただ者ではないですよね。そこがにじみ出ていますし、楽しんで演じています。やりがいがあります。

 梅原さん 幽烟は、腹の中では考えていることはあるけど、人に悟られないようにしている人物です。捉えどころのなさを最初は意識して演じていました。名前の通り煙のように、フワッとしているのも魅力です。不思議な人ですが、話が進むにつれ、雷蔵を取り巻く状況が変わってくると、いろいろな感情が出てきます。それが表情にも表れてきますので、何を考えているのかが伝わってくるはずです。

 葉山さん 惣二は、人間臭いところもあり、自分のために生きている。素直さに重きを置いて演じています。「声のニュアンスをちょっと大人にしてほしい」というディレクションをいただいたので、声のトーンを意識したり、惣二の性格的なところでお芝居が優しくなりすぎないように気をつけました。

 金元さん 鳰は、表情が豊かで動きも大きく、惣二とのやり取りがにぎやかです。すごく可愛い部分もありますが、倫理観、考え方が独特です。生い立ちの影響で、そういう性格になっているんだと思いますが、物事を楽しいか、楽しくないかで判断しています。緊張感はそんなにないキャラクターなのかな?と思っています。

 --低音が魅力のキャラクターも多いようです。

 武内さん 声が低い人が多いんですよね。梅原さんともその話をしました。

 梅原さん キャスト陣を見て、みんな声が低いぞ!となって(笑い)。それぞれ個性がありますけどね。

 ◇静と動がめまぐるしく変わる 優れたバランス感覚

 --虚淵さんの脚本の魅力は?

 梅原さん 題材が独特ですよね。ダークな世界観で、随所ですごいな……と感じています。攻めていますよね。期待している人を裏切らないはずです。

 笠間さん 少し危険な匂いのするものをエンターテインメントと落としこんで、さらに本質を描いているんですよね。題材がハードですが、そういったものは見たくなる魅力がありますし。

 葉山さん キャラクターの中には悪いヤツもいるけど、ぬくもりのある人もいて、ハッと気付かされることもあります。心が揺れ動かされる中で、何か新しい気持ちが生まれてくるところもあるんです。

 武内さん 時代劇らしいしゃべり方のキャラクターがいれば、現代っぽいせりふのキャラクターもいて、そのミックス感が魅力で、いい意味で敷居が高くならない。会話が耳にスッと入ってくるんです。バランス感がすごいですよね。

 金元さん 人間の欲望が垣間見えるところが好きです。いろいろな人がいて、いろいろな人生があり、現代の自分たちに置き換えても共感できるところがあります。キャラクターの関係性を楽しめるんです。

 武内さん 難しいせりふも多いのですが……。

 笠間さん 勢いで構築していくキャラではないので、一つ一つの言葉の重みを大切にしています。一つ一つの最大瞬間風速がすごく重要なんです。

 --アフレコの様子は?

 笠間さん 皆さんに引っ張っていただいています。皆さん頼りがいがあって、この利便事屋は最高だな!と収録を重ねるごとに思うんです。利便事屋が地下室で話し合うシーンがあるのですが、あそこが好きですね。それぞれのキャラクター性が出ていて、関係性が分かるんです。とても頼りがいがあります。

 --最後に放送を楽しみにしている人にメッセージをお願いします。

 笠間さん アクセルとブレーキと言いますか、静と動がめまぐるしく変わっていきます。胸躍る血が沸き立つ戦闘シーンを楽しんでいただき、ふと止まってみると、題材の重たさに気付き、考えさせられる。そこが美しく、この作品の魅力だと思います。ご期待ください!


写真を見る全 2 枚

アニメ 最新記事