奥智哉:NHK男女逆転「大奥」に出演 “万里小路有功”福士蒼汰のお付きの小僧役に

2023年1月10日スタートのドラマ「大奥」に出演する奥智哉さん=NHK提供
1 / 4
2023年1月10日スタートのドラマ「大奥」に出演する奥智哉さん=NHK提供

 特撮ドラマ「仮面ライダーリバイス」の牛島光役などで知られる俳優の奥智哉さんが、2023年1月10日からNHKの「ドラマ10」(総合、火曜午後10時)枠で放送される「大奥」に出演することが分かった。「3代・徳川家光×万里小路有功(までのこうじありこと)編」で、有功(福士蒼汰さん)のお付きとして江戸に随行してきた小僧・玉栄を演じる。

 ドラマは、2004~20年にマンガ誌「メロディ」(白泉社)で連載された、よしながふみさんの人気マンガを実写化。若い男性のみに感染する病「赤面疱瘡(あかづらほうそう)」で男性の人口が女性の4分の1に激減した江戸時代を舞台に、将軍職は女性へと引き継がれ、「美男3000人」と称される男の世界になった大奥が描かれる。「3代・徳川家光×万里小路有功編」「5代・徳川綱吉×右衛門佐編」「8代・徳川吉宗×水野祐之進編」などと展開し、大政奉還まで続く。

 「3代・徳川家光×万里小路有功編」では、赤面疱瘡で本来の3代将軍・家光が死亡。春日局(斉藤由貴さん)は秘密裏に、家光の娘・千恵(堀田真由)を将軍の身代わりにして子を産ませ、徳川幕府を維持しようとしていた。公家出身の美しき僧・万里小路有功は、春日局により、無理やり還俗させられ大奥へ。有功は家光の側近・お万の方となり、家光と深く愛し合うように。やがて、大奥総取締として男性中心の大奥の基盤を構築していく。千恵も女将軍・家光として統治していくことを宣言して……というストーリー。

 奥さんのほか、眞島秀和さん、岡山天音さんが「3代・徳川家光×万里小路有功編」に出演することも発表された。眞島さんは春日局の息子で、女将軍・家光の影武者的な存在の稲葉正勝、岡山さんは「8代将軍・徳川吉宗×水野祐之進編」に登場する村瀬正資(石橋蓮司さん)の若き日の姿をそれぞれ演じる。

写真を見る全 4 枚

テレビ 最新記事