古賀葵:「ひろがるスカイ!プリキュア」でプリンセス・エルに 「まだ夢なんじゃないか…」

「プリキュア」シリーズの第20弾「ひろがるスカイ!プリキュア」に登場するエルと古賀葵さん(C)ABC-A・東映アニメーション
1 / 8
「プリキュア」シリーズの第20弾「ひろがるスカイ!プリキュア」に登場するエルと古賀葵さん(C)ABC-A・東映アニメーション

 人気アニメ「プリキュア」(ABCテレビ・テレビ朝日系)シリーズの第20弾「ひろがるスカイ!プリキュア」で、古賀葵さんがスカイランドの幼いプリンセス・エルを演じることが分かった。エルは、プリキュアに変身するきっかけを与えるスカイトーンを生み出す不思議な力を持っているキャラクターで、口癖は「えるぅ~!」。

 古賀さんは「声優になる前からずっとずっと、プリキュアシリーズに出演するのが夢で目標にしていたので、本当に信じられないくらいうれしい気持ちでいっぱいでした。決まったと聞いてから数日は『まだ夢なんじゃないか……』と、落ち着かなかったです。憧れの作品に関わらせていただけること、エルちゃんとして世界を生きられることに感謝して、一話一話大切に向き合っていきたいと思います!」と出演を喜んでいる。

 「プリキュア」シリーズは、普通の女の子が伝説の戦士プリキュアに変身し、さまざまな困難に立ち向かう姿を描くアクションファンタジー。第1弾「ふたりはプリキュア」が2004年2月にスタートし、現在は第19弾「デリシャスパーティ プリキュア」が放送中。2023年に20周年を迎える。

 第20弾のモチーフは果てしなく広がる「空」で、テーマは「ヒーロー」、キーワードは「知ることで広がる世界」。天空の世界・スカイランドと自然に囲まれたソラシド市の二つの都市を舞台に、プリキュアの活躍を描く。4人のプリキュアとエルが描かれたビジュアルも公開された。ビジュアルには4人のプリキュアが描かれているが、発表されたのは、ソラ・ハレワタール/キュアスカイ、虹ヶ丘ましろ/キュアプリズムの2人。

 小川孝治さんがシリーズディレクターを務め、金月龍之介さんがシリーズ構成、斎藤敦史さんがキャラクターデザインを担当する。関根明良さんがソラ、加隈亜衣さんがましろをそれぞれ演じる。2月5日から毎週日曜午前8時半から放送される。

 ◇古賀葵さんのコメント

 --出演が決まった時の感想は?

 声優になる前からずっとずっと、プリキュアシリーズに出演するのが夢で目標にしていたので、本当に信じられないくらいうれしい気持ちでいっぱいでした。決まったと聞いてから数日は「まだ夢なんじゃないか……」と、落ち着かなかったです。憧れの作品に関わらせていただけること、エルちゃんとして世界を生きられることに感謝して、一話一話大切に向き合っていきたいと思います!

 --エルの第一印象は?

 「可愛い!!!!」と思わず叫んでしまうくらい、一目見たときからもうメロメロでした。しゃべり方にも特徴があったり、表情を見ても、コロコロと表情豊かに泣いたり笑ったりしている姿にものすごくいとおしさを感じました。ソラちゃんやましろちゃんたちと、どんなふうに成長していくのかとても楽しみです。

 --古賀葵さんが感じるプリキュアシリーズの魅力、思い出は?

 プリキュアシリーズが始まった頃の当時の私は、引っ込み思案で中々自分の気持ちを表に出すのが苦手でした。仲間のために頑張るプリキュアたちの姿を見て、私もこんなふうに格好よくなりたい!と強く憧れを感じたのを覚えています。それから勇気を出さなきゃいけない場面で作品が背中を押してくれました。私にとって自分の底にある強さを信じられるようになった作品です。

 --視聴者にメッセージをお願いします。

 20周年という素晴らしい年に、こうしてプリキュアシリーズに携わらせていただけること、本当に光栄に思います。これまで、たくさんのプリキュアたちがつないできたバトンをしっかり受け取り、全身全霊でみんなで走って参ります! これから始まる新しい物語、「ひろがるスカイ!プリキュア」をどうぞよろしくお願いいたします!!

写真を見る全 8 枚

アニメ 最新記事