注目ドラマ紹介:「大奥」 “男女逆転”の世界、家光の時代から大政奉還まで 八代将軍吉宗・水野祐之進編からスタート

1月10日放送の「ドラマ10『大奥』」“八代将軍吉宗・水野祐之進編(1)”場面カット (C)NHK
1 / 4
1月10日放送の「ドラマ10『大奥』」“八代将軍吉宗・水野祐之進編(1)”場面カット (C)NHK

 よしながふみさんの人気マンガを実写化した時代劇「大奥」(総合、火曜午後10時)が、同局の「ドラマ10」枠で1月10日にスタートする。若い男性のみに感染する奇病の影響で、男性の人口が女性の4分の1に激減した江戸時代が舞台。将軍職は女性へと引き継がれ、「美男3000人」と称される男の世界になった大奥が描かれる。

 ドラマは、江戸幕府三代将軍・徳川家光の時代から大政奉還まで続き、TBS系のドラマ「JIN-仁-」シリーズやNHK大河ドラマ「おんな城主 直虎」(2017年)などで知られる森下佳子さんが脚本を手がける。徳川家光役で堀田真由さん、徳川綱吉役で仲里依紗さん、 徳川吉宗役で冨永愛さん、春日局役で斉藤由貴さん、万里小路有功役で福士蒼汰さん、右衛門佐役で山本耕史さん、水野祐之進役で中島裕翔さんらが出演する。

 1月10日は「八代将軍吉宗・水野祐之進編(1)」と題して、15分拡大で放送。若い男にのみ感染し、致死率80%に及ぶ奇病「赤面疱瘡(あかづらほうそう)」が蔓延(まんえん)し、男の数が激減した江戸時代。男子の多くが、種馬としての人生を送っていた。一方、女は労働を担い、将軍職も女へと引き継がれていた。そんな中、貧乏な旗本の息子・水野祐之進は、幼なじみの信(白石聖さん)との結婚を諦めようと、大奥入りを決意。そこで、八代将軍・徳川吉宗から最初に声がかかるのだが……。

写真を見る全 4 枚

テレビ 最新記事