100万回言えばよかった:松山ケンイチが“幽霊となった直木”佐藤健が見える刑事に

連続ドラマ「100万回言えばよかった」で魚住譲を演じる俳優の松山ケンイチさん(C)TBS
1 / 1
連続ドラマ「100万回言えばよかった」で魚住譲を演じる俳優の松山ケンイチさん(C)TBS

 1月13日に始まる女優の井上真央さん主演の連続ドラマ「100万回言えばよかった」(TBS系、金曜午後10時)は、脚本家・安達奈緒子さんの完全オリジナル作。突然死んで幽霊となって現世をさまよう鳥野直木(佐藤健さん)と、恋人の直木の死を受け入れられない相馬悠依(井上さん)、直木と唯一意思疎通できる刑事・魚住譲(松山ケンイチさん)の3人が、運命に必死にあらがい奇跡を起こそうとする姿を描く。

 松山さん演じる魚住譲(うおずみ・ゆずる)を紹介する。

 ◇刑事課の巡査部長 霊が見える家系の寺の息子

 譲は神奈川県警先浜署刑事課の巡査部長。

 霊が見える家系の寺の息子。今まで一度も霊が見えることはなかったが、なぜか直木は見える。直木の巻き込まれた事件の真相を追う。

 ◇初回ストーリー

 互いを運命の相手と確信していた悠依と直木。悠依にプロポーズしようと決めた矢先、直木は不可解な事件に巻き込まれる。

 最愛の人が突然姿を消した悲しみに暮れながらも直木を懸命に探す悠依は、刑事・魚住譲と出会う。後日、譲は街中で直木の姿を見つけて話し掛けると、直木は幽霊となっていて……。

テレビ 最新記事