注目ドラマ紹介:「スタンドUPスタート」 竜星涼がフジ連ドラ初主演 訳アリな人々を再生に導く“人間投資家”に 人気マンガを実写化

俳優の竜星涼さんが主演を務める連続ドラマ「スタンドUPスタート」第1話の一場面(C)フジテレビ
1 / 11
俳優の竜星涼さんが主演を務める連続ドラマ「スタンドUPスタート」第1話の一場面(C)フジテレビ

 俳優の竜星涼さん主演の連続ドラマ「スタンドUPスタート」(フジテレビ系、水曜午後10時)が、1月18日に始まる。マンガ誌「週刊ヤングジャンプ」(集英社)で連載中の福田秀さんの同名マンガが原作。投資会社「サンシャインファンド」の社長・三星大陽(みほし・たいよう、竜星さん)が、失敗や挫折を経験した訳アリな人々に「スタートアップ(起業)しよう!」と声を掛け、“人間再生”に取り組む姿を描く。竜星さんはフジテレビの連続ドラマ初主演となる。初回は15分拡大。

 大陽の兄で大企業「三ツ星重工」代表取締役社長の三星大海(みほし・たいが)を小泉孝太郎さん、大陽と大海の叔父で三ツ星重工の副社長・三星義知を反町隆史さんが演じる。大陽から出資を受けてゲーム会社「ハイパースティック」を起業した若き社長・小野田虎魂(おのだ・どらごん)をダンス&ボーカルグループ「THE RAMPAGE from EXILE TRIBE」の吉野北人さん、大陽から起業を持ちかけられる保険会社部長・林田利光を小手伸也さんが務める。

 第1話は……「資産は人なり」「資産を手放す投資家はいない」を理念とする自称“人間投資家”の大陽。投資会社「サンシャインファンド」の社長として、会社組織でうまくいかない人や生きづらさを抱えている人たちに声を掛けては、彼らの持つ可能性を見いだしてきた。

 そんな大陽だが、実は財閥系大企業「三ツ星重工」前会長の次男坊。三ツ星重工は現在、大陽の兄・大海が代表取締役社長を務め、先代のころからの副社長である叔父の義知と共に会社を支えていた。大海は、社長就任後すぐに大規模なリストラなど社内改革を断行し、巨額負債を返済して三ツ星重工をよみがえらせた。

 ある夜、虎魂らと一緒にクラブを訪れていた大陽は、林田という中年男に出会う。林田は、かつてメガバンク「みその銀行」の融資部門次長だったが、あることがきっかけで左遷され、子会社「リリーフ保険」に出向していた。

 左遷された後も銀行員時代の古い名刺を使い、ホステスに自慢話をしている林田。そんな林田に興味を抱いた大陽は、「起業家と銀行のマッチメーカーとして起業しないか?」と声を掛けるが……。

写真を見る全 11 枚

テレビ 最新記事