大橋彩香:「アイカツ!」は「人生のバイブル」 紫吹蘭の「ああ」で成長実感

「アイカツ! 10th STORY ~未来へのSTARWAY~」の舞台あいさつに登場した大橋彩香さん
1 / 1
「アイカツ! 10th STORY ~未来へのSTARWAY~」の舞台あいさつに登場した大橋彩香さん

 アニメやゲームが人気の「アイカツ!」シリーズの10周年を記念した劇場版アニメ「アイカツ! 10th STORY ~未来へのSTARWAY~」(木村隆一監督)の公開を記念した舞台あいさつが1月21日、新宿バルト9(東京都新宿区)で開催され、声優の諸星すみれさん、大橋彩香さん、沼倉愛美さん、木村監督が登場した。2012年にスタートしたテレビアニメ第1弾「アイカツ!」から紫吹蘭を演じてきた大橋彩香さんは、同作への思いを「人生のバイブルです。いろいろなことを教わってきました。いつか子供が生まれたら、『アイカツ!』を見せて育てたい」と明かした。

 大橋さんは、この10年で成長したことが話題になると「『ああ』というせりふが多いのですが、最初は苦戦しました。成長しましたか?」とコメント。木村監督は「すごく成長しました」とうなずき、大橋さんは「ありがとうございます!」と喜んだ。

 新作の見どころについて「蘭ちゃんが大好きな(ゆるキャラの)えびポンが随所にちりばめられています。スタッフの方の愛を感じます」と話すと、木村監督は「私の指示じゃないところにもえびポンがいるんです」と明かした。

 「アイカツ!」シリーズは、女の子がトップアイドルを目指す姿を描くプロジェクトで、2012年10月に始動。テレビアニメは第1弾「アイカツ!」が2012年10月~2016年3月、第2弾「アイカツスターズ!」が2016年4月~2018年3月、第3弾「アイカツフレンズ!」が2018年4月~2019年9月、歴代キャラクターが集合するテレビアニメ「アイカツオンパレード!」が2019年10月~2020年3月に放送。実写ドラマとアニメが融合した「アイカツプラネット!」が2021年1~6月に放送された。

 劇場版は、スターライト学園高等部3年のいちご、あおい、蘭たちが、半年後に迫る卒業を意識し始める……というストーリー。卒業しても、アイドル活動は続くが、卒業は一つの分岐点でもあり、いちごたちが、これからどんな道を歩んでいきたいかを考えることになる。

アニメ 最新記事