黒島結菜:「ちむどんどん」井之脇海と兄妹役 舞台「カモメよ、そこから銀座は見えるか?」で共演

舞台「カモメよ、そこから銀座は見えるか?」に出演する(左上から時計回りに)松雪泰子さん、黒島結菜さん、井之脇海さん、岩松了さん、青木柚さん、櫻井健人さん
1 / 1
舞台「カモメよ、そこから銀座は見えるか?」に出演する(左上から時計回りに)松雪泰子さん、黒島結菜さん、井之脇海さん、岩松了さん、青木柚さん、櫻井健人さん

 女優の黒島結菜さんと俳優の井之脇海さんが、6~7月に上演される舞台「カモメよ、そこから銀座は見えるか?」で共演することが明らかになった。2人は昨年放送されたNHK連続テレビ小説(朝ドラ)「ちむどんどん」に出演。黒島さんはヒロインの暢子、井之脇さんは暢子の店で働く矢作をそれぞれ演じた。今作では物語の主軸となる兄妹を演じる。

 「カモメよ、そこから銀座は見えるか?」は年の瀬の銀座を舞台に、両親を早くに亡くした兄アキオ(井之脇さん)と妹イズミ(黒島さん)の姿を描く。かつて家庭を崩壊させた父の愛人と出会い、徐々に打ち解けていく“許し”の物語。M&Oplays(森崎事務所)がプロデュースする公演で、岩松了さんが作・演出を手がける。

 青木柚さん、櫻井健人さん、松雪泰子さんの出演も発表された。銀座にたむろする若いホームレス・とみを青木さん、のぼるを櫻井さん、アキオとイズミの父親の愛人だった葉子を松雪さんが務める。岩松さんも出演する。

 舞台は6月3~25日に本多劇場(東京都世田谷区)で上演。28日に富山、7月1、2日に大阪、9日に新潟でも上演される。

芸能 最新記事