夕暮れに、手をつなぐ:「それ、よく似合ってる。見違えた」 広瀬すず&永瀬廉の縁側シーンが話題に

「夕暮れに、手をつなぐ」第2話の一場面(C)TBS
1 / 1
「夕暮れに、手をつなぐ」第2話の一場面(C)TBS

 広瀬すずさん主演で人気グループ「King & Prince」の永瀬廉さんが共演する連続ドラマ「夕暮れに、手をつなぐ」(TBS系、火曜午後10時)の第2話が1月24日に放送された。永瀬さん演じる音が、青いワンピース姿の空豆(広瀬さん)に「空豆。それ、よく似合ってる。見違えた」と伝える場面が登場し、話題となった。

 ドラマは、NHK連続テレビ小説「半分、青い。」(2018年)などの北川悦吏子さんの脚本。九州で育ち、婚約者を追って上京した空豆と、作曲家を目指す青年・音の青春ラブストーリー。

 第2話では、婚約者から別れを切り出されてしまった空豆が、資産家・雪平響子(夏木マリさん)に助けられ、「雪平邸」で空豆と共同生活をすることになる。老舗蕎麦店「大野屋」で働くことになった空豆は、看板娘の千春(伊原六花さん)から婚活を勧められ、“清楚系ファッション”を提案されて……。

 縁側のシーンでは、音が、過去の恋愛について空豆に明かす展開に。「だから俺は、恋愛とかもうちょっといいかなぁ……」と明かした音は、青いワンピース姿の空豆に「でも空豆。それ、よく似合ってる。見違えた」と話す様子が描かれた。

 SNS上では、「第2話も良かったぁ! 音と空豆のじゃれあいとか、庭での時間とか、全てがいい!」「縁側シーンよかったなぁ。キュン値更新した」「縁側のシーン映像がとっても綺麗。ふたりの雰囲気も好き」「広瀬すずちゃんと永瀬廉くんが可愛すぎる」などの感想が書き込まれ、話題となった。

テレビ 最新記事