TBS:9月1日に震災特番「関東大震災から100年」放送へ 「揺れ」「津波」「火災」「デマ」のテーマで深掘り

「関東大震災から100年 あす巨大地震が来たら」のMCを務める加藤浩次さん(左)とホラン千秋さん=TBS提供
1 / 1
「関東大震災から100年 あす巨大地震が来たら」のMCを務める加藤浩次さん(左)とホラン千秋さん=TBS提供

 TBSが、9月1日に報道特別番組「関東大震災から100年 あす巨大地震が来たら」を放送することが明らかになった。

ウナギノボリ

 1923年の関東大震災からちょうど100年。「もしいま関東大震災が起きたらどうなるのか? どうすればあなたの命が守れるのか?」を探っていくという内容。関東大震災で多くの犠牲を出した「揺れ」「津波」「火災」「デマ」の四つのテーマを深掘りし、クイズを交えながら巨大地震への理解を深める。

 「住宅街でこそ起きやすい土砂災害の脅威と対策」「地震からわずか8分で津波が襲ってくる可能性がある鎌倉で逃げ切るための方法」「関東大震災で起きた炎の竜巻『火災旋風』は今の日本でも起きるのか」「SNSが普及しAIが台頭する中で『デマ』をどう見抜くのか」など、クイズや実験、再現ドラマを通して、防災力アップにつなげる。MCは加藤浩次さんとホラン千秋さんが務める。

 特番の前後1週間は、「JNNニュース」「Nスタ」「news23」といった同局系の報道番組で「関東大震災100年プロジェクト つなぐ、つながる」と題して、関東大震災や防災に関する企画を集中的に放送する。

 「関東大震災から100年 あす巨大地震が来たら」は9月1日午後5時50分から放送。

 ◇加藤浩次さんのコメント

 関東大震災から100年、街自体は全く変わっていると思いますが、同じような地震が起きたときに、やはり被害が出ることは間違いありません。一人でも多くの命が救われるように、番組で僕自身も勉強したいと思いますので、皆さんぜひご覧ください。

 ◇ホラン千秋さんのコメント

 この国で暮らす以上、どこに住んでいても地震のリスクとは常に隣り合わせで生きなければならない私たち。日頃からの備えや心構えが大切と分かっていても、「そういえば最近備えを見直していないな……」ということもありますよね。関東大震災の発生から100年という節目で、今一度皆さんと一緒に防災について考える時間にできればと思っています。

テレビ 最新記事

MAiDiGiTV 動画