博多華丸・大吉:“お手本にした後輩芸人”明かす 革新的なツッコミに「この手があったか!」

お笑いコンビ「博多華丸・大吉」
1 / 1
お笑いコンビ「博多華丸・大吉」

 お笑いコンビ「博多華丸・大吉」が、8月27日放送のバラエティー番組「日曜日の初耳学」(TBS系、日曜午後10時)に出演。人気企画「インタビュアー林修」に登場し、「お手本にした後輩芸人」を明かした。

ウナギノボリ

 なかなか売れない下積み時代を過ごした2人。大吉さんは、自身のツッコミが下手だったと明かした。林修さんから「どういう努力をされました?」と聞かれると、大吉さんは「とにかく東京と大阪の同世代の芸人さんのネタを見ました」と語り、「いろいろな方のツッコミの要素を取り入れました。時間は掛かったんですけど、結局(行き着いたのは)NHKの『爆笑オンエアバトル』で出会った“おぎやはぎ”。矢作くん(のツッコミ)が、ツッコむというかなだめる。この手があったか!」と衝撃だったという。

 「それまでも吉本の師匠や先輩方の漫才を穴が開くほど見ていたので、その師匠たちの“間とか表情”に、矢作くんのエッセンスをだいぶ振りかけているのが僕のツッコミ」と語った。

テレビ 最新記事

MAiDiGiTV 動画