M-1グランプリ2023:決勝戦は12月24日に生放送 敗者復活戦の会場が初の屋内に 決勝戦前日に「前夜祭ライブ」開催

「M-1グランプリ2023」のロゴ(C)M-1グランプリ事務局
1 / 1
「M-1グランプリ2023」のロゴ(C)M-1グランプリ事務局

 漫才コンテスト「M-1グランプリ2023」の決勝戦が12月24日にABC・テレビ朝日系24局で生放送されることが11月8日、明らかになった。同日に敗者復活戦も開催され、生放送される。

ウナギノボリ

 敗者復活戦は、これまで六本木ヒルズアリーナ(東京都港区)で行われていたが、今年は新宿住友ビル三角広場(東京都新宿区)で開催される。2015年に「M-1グランプリ」が復活して以降、敗者復活戦が屋内で行われるのは初めて。

 また、決勝戦、敗者復活戦の前日となる12月23日には、歴代の王者たちが漫才を披露する「前夜祭ライブ」が新宿住友ビル三角広場で開催されることも決定(※放送はなし)。歴代のM-1チャンピオンがパーソナリティを務める「M-1ラジオ~〇〇のチカラ~」が、11月12日からABCラジオでスタートする。

 「M-1グランプリ」は2001年からスタートし、2010年に一度終了したが、2015年に復活。これまでに「中川家」や「フットボールアワー」「ブラックマヨネーズ」「サンドウィッチマン」「霜降り明星」「錦鯉」らがグランプリを受賞するなど、人気コンビを数多く輩出。19回目となる今回は、史上最多となる8540組の漫才師がエントリーした。

テレビ 最新記事

MAiDiGiTV 動画