松岡茉優:こだわり強めのギーク役でフジGP帯連ドラ初主演 田中みな実、滝沢カレンと井戸端会議で事件解決?

連続ドラマ「ギークス/GEEKS」(仮)で主演を務める松岡茉優さん(中央)と、共演の田中みな実さん(左)、滝沢カレンさん(C)フジテレビ
1 / 2
連続ドラマ「ギークス/GEEKS」(仮)で主演を務める松岡茉優さん(中央)と、共演の田中みな実さん(左)、滝沢カレンさん(C)フジテレビ

 俳優の松岡茉優さんが、フジテレビ系7月期の木曜劇場「ギークス/GEEKS」(仮、木曜午後10時)の主演を務めることが明らかになった。松岡さん、田中みな実さん、滝沢カレンさんが演じる3人の女ギーク(=賢いオタク)が活躍するオリジナルドラマで、松岡さんが同局ゴールデン・プライム(GP)帯連ドラの主演を務めるのは初めて。

ウナギノボリ

 ドラマはノー残業をモットーとする警察署勤務の3人の女ギークが、腕と好奇心とほんの少しの正義感で定時までに事件を解決する“井戸端謎解きエンターテイメント”。「ギルティ~この恋は罪ですか?~」「純愛ディソナンス」の大林利江子さん、「婚活1000本ノック」の原野吉弘さんが脚本を務める。

 優れた記憶力と高い証拠分析能力を持ち合わせる主人公の西条唯(松岡さん)、心理分析のプロという産業医の吉良ます美(田中さん)、地域の情報すべてが頭に入っているほど地理に精通している交通課員の基山伊織(滝沢さん)の3人が、金曜の居酒屋で、ちょっとした謎解きのつもりで難事件にまつわる捜査の違和感や矛盾点を指摘すると意外な事実が発覚。井戸端会議が、事件解決をスーパーアシストしてしまう……。

 松岡さんは「森安彩プロデューサーから、『ギークス/GEEKS(仮)』で描きたいことを聞き、私自身が“そんなドラマが今、見たかった!”と感じました。こだわり強めの3人が織りなす会話劇は、台本を読んでいてもニヤニヤ、クスクスしてしまいます。ちょうど放送が木曜日ということもあり、放送を見てくださった方が“明日1日頑張って、あいつと飲みたいな”と気の置けない仲間のことを思い浮かべてもらえたらとてもうれしいです」と思いを語っている。

写真を見る全 2 枚

テレビ 最新記事

MAiDiGiTV 動画