エンジェルフライト:第2回 米倉涼子×古沢良太 テロに打ち砕かれた開発支援 故人に会えない遺族がやり場のない怒り

「プレミアムドラマ『エンジェルフライト』」第2回場面カット (C)NHK
1 / 4
「プレミアムドラマ『エンジェルフライト』」第2回場面カット (C)NHK

 俳優の米倉涼子さん主演のNHKのプレミアムドラマエンジェルフライト」(NHK BS・BSプレミアム4K、日曜午後10時)の第2回が、6月16日に放送される。同回の副題は「テロに打ち砕かれた開発支援」。アフリカでテロが発生し、インフラ開発に携わる日本人6人が犠牲となる……。

ウナギノボリ

 遺族のケアと遺体搬送のため、那美(米倉さん)たちも現地へ同行する。息子を亡くし呆然とする田所勲(平田満さん)、夫を失い天涯孤独の松木加奈子(中村久美さん)、結婚目前の娘の死を信じたくない鎌倉夫妻(矢島健一さん・筒井真理子さん)らは悲嘆にくれる。

 損傷した遺体の判別が難航し、故人に会えない遺族がやり場のない怒りを爆発させる中、那美たちは奮闘する。

 本作は、第10回開高健ノンフィクション賞を受賞した佐々涼子さんの「エンジェルフライト 国際霊柩送還士」をドラマ化。昨年、世界配信され話題となった。海外で亡くなった日本人の遺体を国内に、日本で亡くなった外国人を母国に、それぞれ搬送する国際霊柩送還士というスペシャリストの活躍を描く。米倉さんはシングルマザーの剛腕社長・伊沢那美を演じる。

 脚本はドラマ「リーガルハイ」「コンフィデンスマンJP」などの古沢良太さんが担当。今回のプレミアムドラマ版は、Amazon Prime Videoで配信された作品を再編集し、全6話で構成。

写真を見る全 4 枚

テレビ 最新記事

MAiDiGiTV 動画