澤田福衞:名車コレクターが「愛車遍歴」に “世界に1台”幻の車におぎやはぎ絶句 レアカー続々!

6月22日放送の「おぎやはぎの愛車遍歴 NO CAR, NO LIFE!」に出演する澤田福衞さん(C)BS日テレ
1 / 3
6月22日放送の「おぎやはぎの愛車遍歴 NO CAR, NO LIFE!」に出演する澤田福衞さん(C)BS日テレ

 お笑いコンビ「おぎやはぎ」がゲストの「愛車遍歴」に迫る、「おぎやはぎの愛車遍歴 NO CAR, NO LIFE!」(BS日テレ、土曜午後9時)。6月22日はスピンオフ企画で、ところざわ自動車学校の校長で、番組の顧問も務める澤田福衞さんのガレージを、約10年ぶりに再探訪する。

ウナギノボリ

 伝説の名車コレクターとして知られる澤田さん。10年前は250台だった所有数は、約300台へとさらに増加しており、7個のガレージには旧車やクラシックカーはもちろん、もう手に入らない乗り物までずらり。パワーアップしたコレクションの数々に、MCおぎやはぎは驚きの連続となる。

 「スバル360」など、量産型国産車の草創期を彩った車たちも続々登場。そんな中でも、“レア中のレアカー”が姿を現し、おぎやはぎの矢作兼さんは「超珍しいよ!」と声を上ずらせる。澤田さんも「(動いているのは)私も小さいころに1回見たことがあるだけ」と語る。

 10年前、矢作さんが澤田さんに購入の希望を伝えたものの、あえなく断られてしまった、世界で66台しか生産されなかった夢のスーパーカーも再び登場。10年がたち、矢作さんが再びお願いする一幕もある。

 カスタムカーにはあまり興味ないという澤田さんだが、世界で1台の幻の車を所有している。車大好きのおぎやはぎですら、見覚えも聞き覚えのないモデルで、その1台にかけられた時間と思いに、2人は絶句。矢作さんは「(僕だったら)普通に車検を取って公道を走って、家の近辺で見せびらかしたいです」と語る。

写真を見る全 3 枚

テレビ 最新記事