マル秘の密子さん:清水尋也が“夏”松雪泰子の息子に 愛想笑いが得意な「九条開発」契約社員

連続ドラマ「マル秘の密子さん」で今井智を演じる清水尋也さん=日本テレビ提供
1 / 1
連続ドラマ「マル秘の密子さん」で今井智を演じる清水尋也さん=日本テレビ提供

 俳優の福原遥さんが主演を務め、7月13日から放送される連続ドラマ「マル秘の密子さん」(日本テレビ系、土曜午後10時)。ドラマは、福原さん演じる謎多き“トータルコーディネーター”の本宮密子が、不運続きのシングルマザーを華麗なる一族・九条家の同族経営が続く大企業「九条開発」の女社長へと変身させようとする姿を描く。

ウナギノボリ

 清水尋也さん演じる今井智を紹介する。

 ◇今井家の長男 

 智は、夏の息子で今井家の長男。「九条開発」総務部の契約社員。昔から自分に自信がなく、何をやっても失敗続き。愛想笑いが得意で、相手の顔色ばかりうかがっている。

 ◇初回ストーリー

 ファッション、メーク、メンタル……ありとあらゆることをサポートし、どんな依頼もかなえる謎多きトータルコーディネーターの密子。そんな密子が新たにコーディネートする相手は、ある日突然、平凡なシングルマザーから大企業の大株主になってしまった今井夏(松雪泰子さん)だった。

 だまされやすくお人よしで、夫に逃げられ女手一つで長男・智と長女・彩(吉柳咲良さん)を育ててきた夏は、半年前、火事の現場で倒れていた「九条開発」社長の九条謙一(神保悟志さん)を助けたことから謙一に気に入られ、退院後のケアも担当。だが介護もむなしく、謙一は急逝してしまう。すると謙一の遺言により、謙一が保有する「九条開発」の株式すべてを夏が譲り受けることになってしまった。

 だが「九条開発」は代々同族経営が続く大企業であり、本当に自分たちが株をもらっていいものか、今井家一同は困惑する。そんな今井家に「九条謙一さまから依頼されて参りました。トータルコーディネーターの本宮密子と申します」と密子がやって来る。生前の謙一から、万が一のときには今井家を支えるよう頼まれていたという密子は、家に上がるなり「インテリアの交通渋滞」と毒づいて部屋を片付け始める。突然現れた密子に、今井家はさらに戸惑う。

 そんな中、「九条開発」新社長の座を争う九条家の長男・遥人(上杉柊平さん)と長女・玲香(志田彩良さん)は、株を奪い返すため、夏に取引を持ちかけてくる。うまく言いくるめられてしまう夏は、株を返そうとするが……。

 九条家の魔の手から夏を守り、夏を「九条開発」の新社長に押し上げようとする密子。謎多きトータルコーディネーターと不運続きのシングルマザーが仕掛ける大変身劇の行方は……。

テレビ 最新記事